会津高原高畑 14-15 滑走日誌 No.045

前日猪苗代から会津を縦断し、

今日は会津高原高畑スキー場

までやってきました。

ここも大好きなゲレンデです。

 

昨日は下郷町の温泉旅館で一泊。

 

露天風呂(混浴)には 4 つの浴槽があり、

それぞれ温度が変えてありました。

私はちょっと熱めのお風呂が好みですね。

IMAG0010_R

浴槽は内風呂も含めて全てアルカリ性単純泉の源泉かけ流しです。

また館内には「卓球場」があったりして昭和臭漂うお宿です。

IMAG0009_R

卓球場にはビリヤード台

 

建物、設備は古いですが、所々が今風の感じにアレンジされていて、

とても居心地の良い空間でした。

 

平日ということもあり、ゲレンデの混雑はないだろうとふんで

ゆっくりと 9 時過ぎに出発。ゲレンデ着は 11 時。

 

今シーズン初訪問となるので、「高畑友の会」入会手続き。

特典はリフト券料金割引(私は恩恵ないですが)、

500 円以上の食事が 50 円引き、

コーヒー、紅茶が 100 円で飲めるなど。

また、近隣の温泉が割引料金で入れる特典もあり、

年会費の 500 円は容易に回収することができます。

 

滑り出しは 11:20 くらいから。

 

天気は曇り。

時折ポツポツと雨が落ちてきますが、

滑走に支障はありません。

DSC07590_R

こんな時間ですが人はひじょーに少ないです。

目に見える範囲のお客さんを数えてみたら 10 人ちょっと。

ヘタしたら従業員の方が多いのでは?と思えるほど。

 

下部のイガヤゲレンデもまだ荒れていなかったので、

誰もいないコースを幅いっぱいに使って大回りを楽しみました。

 

リフトはレッドライン以外が稼働(平日は月、火曜日運休)。

レッドコースには浅めのコブラインがありましたが、

これは今回楽しむことができません。

 

オレンジライン山頂のお決まりポイントで撮影を

することができましたが、週の後半(水~金曜)は

このリフトが運休となるので、ここに来ることができません。

DSC07594_R

回りは真っ白

ブルーラインにも乗りましたが、

こことオレンジラインからの各コースは

滑走性が著しく劣る雪質だったため、

ほどほどにして下部を中心に滑ることに。

 

恐らく同じ状況だろうと言うことで、

今回スーパーブラックコースも滑っていません。

 

コブラインは中腹のブラックコースとブルーインコースの合流付近からと

ブラックコースの下部にそれぞれありました。

どちらもゆったり目で、上部のそれは多少深いですが、

決して難しいレベルのものではありませんでした

(午後になると深くなって少し難易度上がりましたが)。

DSC07591_R

お宿で朝ごはんをしっかり食べたのでランチは遅めの 13 時過ぎ。

今シーズンからの新メニュー「ローストチキンカレー」をチョイス。

DSC07598_R

辛口とありましたが激辛というレベルではないので、

辛いものがあまり得意でない私も美味しくいただけました。

 

なにより骨付きチキンが柔らかくて、

骨からするっと外れてとても旨い。

 

お連れ様は定番の唐揚げ定食。

DSC07597_R

相変わらず美味。そしてボリュームたっぷり。

 

お腹が膨れた後は、コブを集中的に攻めてカロリー消費。

リフト終了時間まで楽しみました。

 

滑走後は近くの小豆(あずき)温泉の立ち寄り湯へ。

 

入口にショッキングな掲示が。

IMAG0021_R

閉鎖ではなく休業という事なんですが、

この文面からみるに復活はあるのでしょうか。。

 

因みに私が入った時先客が 2 名いましたが、

入れ替わりで出ていかれたので、私の貸切になりました。

とびきりの贅沢!

 

ちなみに、露天風呂は雪が多すぎるためか

閉鎖となっていました。

 

解凍?後は塩原まで走って、

常連となりつつある中華屋さんで夕食。

IMAG0022_R

オーダーは 2 度目のかつラーメン(税別 850 円)。

醤油ラーメンの上にカツをのせただけですが、

衣の脂と鶏ガラスープがとても絶妙に絡み、

かなりの美味しさです。

 

ということで、

この 3 日間は消費カロリー以上に食べ過ぎたと思われますので、

明日からしばらくは節制生活を送りたいと思います。

 

本日の滑走ログはこちら

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ