アベノマスクの行く末は……

一昨日の話。

我が家にもようやくアベノマスクが

届きました。


今回はこの施策について少し。


スポンサードリンク

方針が明らかに

そもそもの始まりは 2020 年 4 月 1 日。

安倍総理が 1 世帯当たり 2 枚のマスクを

配る方針であることが明らかに。

調達開始~到着

この発表より遡ること

約一ヶ月、調達先には

2 月末に経産省から依頼が

あったとも言われています。


そこから報道にもあったとおり、

不良品発生による回収、再検収など

紆余曲折を経まして、

我が手元にも届くことになりました。


その間に 3 ヶ月超という

期間を要し、マスク不足は一段落を

した後というなんともお粗末な

「緊急対策」でございました。

その後……

上でもちょっと書きましたが、

市場にもマスクは十分な量が流通し始め、

我が家でも手作り、不織布マスクを購入、

さらには勤務先からの支給もあり、

いまは潤沢なマスク在庫があります。


ということで、

アベノマスク、不要です。

これをどうすればよいか?

と思案した所……

マスクポスト

居住地である埼玉県三郷市では

市の施設に「マスクポスト」を設置、

各世帯で余剰となったマスクを回収、

市内公立保育所の子どもたちに

配布するという施策を行っています。


本日、自宅から最寄りの施設に出向き、

愛のマスクポストに投函しました。

これで、無駄にならずに済みました。。。


政府にはもっと言いたいことがありますが、

今回はこの辺で……


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ