食堂車の思い出

この記事はテキストオンリーです。

想像力をたくましくしてお読みください。


出遅れましたが、

昨日は「食堂車の日」だったそうですね。

今回は「食堂車」という言葉から

過去の記憶をたどって

書いてみたいと思います。

食堂車

解説その 1。

「食堂車」とは、列車内に

連結された食事を供する車両。


厨房、テーブル、椅子が設備され、

文字通り食事ができる車両です。


かつては、全国各地の優等長距離列車には

かならず連結されていました。


今では信じされないかもしれませんが、

東海道・山陽新幹線にも食堂車は

連結されていたんです。


現在は新幹線の路線がのび、

スピードアップ、

それに接続する特急列車は運転区間が

縮小の一途となり日常的に走る食堂車は

なくなり、今はイベント列車などに

限られています。

食堂車の日

解説その 2。

5 月 25 日は「食堂車の日」。


1899 年(明治 32 年)のこの日に

初めて食堂車を連結した列車が

走ったことから定められたそうです。


当初は一等、二等車のお客さんのみが

利用できたそうです。

「高嶺の花」だったようですね。

特急「みちのく」

さて、ワタシの記憶をだどります。

最初に食堂車を使ったのは、

上野~青森間を常磐線経由で

結んでいたこの列車。


今はなき名車 583 系が

13 両という堂々たる編成で、

そのほぼ中間 7 号車に食堂車はありました。


なにせ小学一年生の頃で、

夕食を取ったことは覚えているのですが、

何を食べたのかは覚えていません。。

特急「おおぞら」or「北斗」

北海道に身内がいるため、

かつては鉄道を利用して渡道したことが

何度かありまして、先の「みちのく」や

「ゆうづる」に接続する形で、

これらの列車に乗ることもありました。


当時、キハ 82 系で運転されていた

これらの列車にも食堂車がありました。


おそらくどちらか(も)、の列車で

利用したことがあったはずですが、

その時の記憶もおぼろげです……

寝台特急「北斗星」

そこからしばらく遠ざかり、

次にもったのは上野~札幌を

結んでいた寝台特急のこの列車。


食堂車「グランシャリオ」で供される

夕食は高価なコース料理だったので、

当時(今も)貧乏人のワタシは

諦めて翌日の朝食(和定食)で利用しました。

寝台特急「トワイライトエクスプレス」

最後の思い出は、これまた北海道絡み。

大阪~札幌を結んでいたこの寝台特急で

利用しました。


食堂車には「ダイナープレヤデス」という

名前がついていました。


出発してほどなくのランチと、

コース料理を提供する夕食の後の

「パブタイム」、そして、

翌日の朝食で利用しました。


※ 夕食のコースは予約がいっぱいで

とれませんでした。


所要時間が 22 時間というこの列車。

3 食を食堂車で味わえるという

かなり貴重な列車でもありました。

番外編「グランシャリオ」

以上の列車はすべて過去の列車です。。

そのうち「北斗星」で使われていた、

食堂車がそのまま街の共食施設として

復活したのが「グランシャリオ」です。


少し前ですが、私も利用しておりまして、

以下の記事で紹介しております。

当時の思い出に浸りたい方、

または食堂車未経験の若い鉄ちゃんに

おすすめのお店です。


コロナ禍が落ち着いたら、

是非行ってみてください。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ