SUBARUはどこへ?フォレスター・インプレッサもラインナップ縮小

今日、またショッキングな情報が。

今年はスバルにとって大きな変化を

迎える年になりそうです。


スポンサードリンク

さらにラインナップ縮小

これまで当ブログでも追いかけてきた通り、

B4 廃止、現行BRZ、WRX S4、レヴォーグの

オーダーストップ等々に引き続き、

さらなる廃止モデルが……

フォレスター

2020 年 7 月 20 日を持って

2.5L エンジン搭載モデルが廃止となり、

2.0L e-BOXER 搭載モデルのみ残ることに

なるそうです。


以下は予想ですが、後継として

遅れて 1.8L 直噴ターボを

搭載モデルが登場してくるのでは

ないかと思います。

インプレッサ

2020 年 6 月 22 日を持って

2.0L エンジン搭載の

AWD モデルが廃止と

なるようです。


インプレッサ自体は FF モデルが

かなり売れているようですので、

後継グレードが追加されるかどうかは

未知数ですが、追加されるなら

e-BOXER となるでしょう。

2020 年燃費規制

以上、今年はかなりラインナップが

縮小されますが、これは

すべて燃費規制によるものと推測できます。


新基準の燃費を達成できるものとして

期待されている 1.8L ターボエンジンの

登場が待たれるところです。

電動化

それと、この苦難を乗り越えるために

必要なもう一つのキーワードは「電動化」。


現在、スバルが持つのは e-BOXER のみ。

いわゆるマイルドハイブリッドで

燃費に寄与する割合は小さいです。


登場が待たれるストロングハイブリッドですが、

この燃費規制に間に合わせるには

スバル独自で開発することは

困難であると言えます。


ということで、今後はトヨタとの

関係がより強まり、ハイブリッド、

EV モデルの共通開発がどんどん

進んで来ると思われます。


紆余曲折が予想されますが、

どうにか「スバルならでは」という

ものはなくして欲しくないなぁ。


と思うばかりです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ