個人的にはこっちが本命かも。


先日 マツダ3 を試乗させて

いただいたディーラーさんから

新型 SUV CX-30 が入ったとの

お知らせをいただいたので

早速見に行ってみました。

グレード

展示車は XD L Package。

1.8L ディーゼルエンジン搭載の

最上級グレードです。

ボディカラーはポリメタルグレーメタリック。

やはりスタイル抜群

やっぱりかっこいですね。

マツダ 3 をベースとしながらも

各部には結構手を加えてあり、

室内のパッケージングなども

見直しています。

クォーターピラーの処理も替えてあります。

ボディ下部のクラッディングを厚めにして、

上モノがボテッとする感じを極力排することで、

クーペ風に見せることに成功しています。


この手間のかけ方、

他の国産メーカーではあまりみられないですね。

プレミアムな内装

車内へ。

インパネもマツダ 3 と設えを

かえてあるとのことですが、

私には配色以外判別できず。。


もっとも、高い質感はそのままで

満足度は相当高いです。


シート以外はブラック……

と見せかけてセンターコンソール、

インパネアッパー部などに

濃いブラウンを配しているあたりに

さりげなく漂うオシャレ感(語彙力不足……)。

ユーティリティチェック

やはり気になるのは後席居住性と、

荷室の使い勝手。

後席

まず、運転席でワタシが

少しゆったり目でドラポジを決めると、

後席はこんな感じ。

やはり窮屈感は否めません。


が、マツダ 3 に比べると頭上空間は

しっかり確保されており、グラスエリアも

広くなっているので閉塞感は少なめ。

荷室

広さはこんな感じ。

ちょっと狭いかな。という印象。


奥行きも少し不足気味。

後席を倒して前席端までの

荷室長は最大 160 cm 強。


私のスキーは斜めにしないと

中積みできません。

嬉しい装備

最後は「これいい!」と思った装備。

まず、

後席用のエアコン吹出口があります。

そしてもう一つはこれ。

電動式のリヤゲートが

最下位グレード以外全て標準装備

というのも嬉しいところです。


この 2 つ、他社の同等クラスでは

装備されていないクルマがほとんどですから、

こういうかゆいところに手が届く的な

差別化は個人的にかなり好印象です。

試乗は後日

ということで、本日は実車チェックのみ。

このクルマ、試乗車なんですが、

まだナンバーが届いていない

ということなので、また後日

改めて試乗させていただきたいと思います。

SKYACTIV-X に期待

ところで、営業さんが

熱心に話されていたのですが、

遅れて発表される予定の新世代エンジンは

「本当に別物」とのこと。


これまでの常識を覆すような

とても素晴らしいエンジンだそうで

要約すると、

「回転はモーターの如く上昇し全域でトルクフル」

とのこと。


営業トークで多少は「盛っている」としても

相当な力作であることが伺い知れました。


このエンジン搭載車も

いつか試乗してみたいですね。

関東マツダさんへ

最後に愚痴を。

我が自宅から最寄りのマツダディーラーは

八潮市にあります。


我が家からは距離がありまして、

アクセスにちょっと難ありなので、

できれば三郷市(北の方)に

出店してもらえませんか……?


したっけ。