山行日誌 宝の山磐梯山(4 回目)

久しぶりの登山カテゴリーで

お送りしますは昨日の山行ご報告。

下山後の疲労度、滞在先の

電波状況によりまして、

ご報告がおくれました事をお詫びしつつ。


スポンサードリンク

八方台ルート

4 回目の挑戦となる今回は、

相方様ともう一名同行で、

最も初心者向けとも言われる

猫魔八方台から山頂を目指すルート。


終始なだらか、かと思いきや、

やはり山頂付近はそれなりに険しくなります。

ただ、初心者さんでもゆっくり行けば

登頂も十分可能です。


同行 2 人に配慮しつつゆっくり登ってきました。

駐車場確保

スタート地点となる八方台登山口には

60 台程度収納できる駐車場があります。

場所はこの辺。

このルートは人気のようで、

駐車場は週末ともなると

午前 8 時には満車になるとの情報が。


なので、現地着を 7 時に想定して、

自宅は 2:30 に出発。

かなり気合入ってます。

予定通りに到着し、

八方台駐車場にクルマを

止めることができました。


なお、八方台駐車場が満車の場合は、

数百メートル手前の第二駐車場、

あるいは 1.4km 先のこがね平駐車場に

止めることになります。

※ 路上駐車は絶対にやめましょう。

登山開始

準備を済ませ、登山開始は 7:20。

しばらくはこんな雰囲気を

なだらかに登っていきます。

中の湯跡

しばし歩くと視界がひらける場所へ。

ここでは1990 年代まで温泉旅館がありましたが、

現在はご主人が亡くなったため廃業し、

建物はそのまま廃墟になっています。

現在でもお湯は湧き出しているようです。

なんとももったいない。。


ちなみに、中の湯があれば上と下はないの?

という問いの答えは「過去には存在した」です。


中の湯を挟むように上の湯と下の湯が

ありましたが、これら 2 つは

1888 年の噴火によって壊滅したとのこと。

少し険しく

中の湯をすぎると登山道の道幅も狭くなり、

斜度が急になる箇所もでてきます。


中の湯までを足慣らしとして、

ゆっくり目に歩いてくると

この辺から調子が上がってきます。


なお、山に不慣れな方は

最初、体力のあるうちは

オーバーペースになりがちなので、

できるだけゆっくり歩くようにしましょう。


尾根に沿うように林の中を歩きますが、

時折、木々の間から、

こんな絶景を望むことができます(中央は桧原湖)。

弘法清水

以後はしばらく単調な景色の中を進み、

四合目「弘法清水」に到着です。

弘法大師(空海)がその由来という

清水はこの時期でもとても冷たく、

火照ったからだに清涼感を

もたらすことができました。


この清水の傍らには

山小屋(宿泊不可)が 2 軒あり、

土産品、軽食などを販売しています。

最後のひとふんばり

弘法清水に着いた時点で

周囲はガス(雲)の中、

山頂での視界は望めなさそうということで、

こちらで長めの休憩をして、

山頂はサクッと往復しようという段取りに。


ここから山頂までの距離はわずかですが、

登山道は斜度が増し、大きな岩なども

登場し難易度が上昇します。


こういう箇所ももちろんそうですが、

初心者さんは単独行動はさけ、

山に慣れた方に同行して行動してください。

登頂……

そして山頂へ。

条件がよければ 360 度の大パノラマが

展開されるはずが……

周囲は真っ白。

頭上に青空がちらりと見えることも

ありましたが、眼下の眺望はゲットできず。。

無事下山完了

登ったルートをそのまま戻り、

14 時過ぎに無事に下山完了。


今回は時間をかけましたが、

健脚の方なら片道 2 時間程度で

往復することもできるようです。

ランチは

行動中は軽食にとどめましたので、

下山後に遅めのランチ。


道の駅ばんだいにあるレストランにて

喜多方ラーメンを味わいました。

こちら、道の駅とあなどるなかれ。

地元民にも評判らしく、

ラーメンの実力はなかなか高いです。

ランチタイムには混雑するというのも

納得のお味でした。

リベンジします

ということで、久しぶりの

磐梯山はやはり充実した山行となりましたが、

山頂の絶景を今回も見られなかったのは

残念至極。


ということで、

またリベンジ確定となりました。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ