これは欲しくなる!耳元(ウェアラブル)スピーカーを体験してみました

大型連休も後半に入りました。

 

初日から大荒れの様相を

呈しておりますが

皆様におかれましては

いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は

デジモノネタをお送りします。

 

耳元スピーカー?

先日とあるバラエティ番組で

こんなアイテムが紹介されていました。

正式にはウェアラブルスピーカーというようで、

首にかけると耳元にスピーカーが

来るようになっており、必要以上に

音量を上げることなく音が楽しめる

というアイテムです。

 

SONY 製のものは店頭でも

デモ機がなかなか見つからず

忘れかけていた今日このごろ、

本日たまたま訪れた某ショッピングモール内の

BOSE ストアにてこちらを発見。

デモ機が展示されていましたので

早速試させていただくことにしました。

 

試着レビュー

まず装着感について、

装着は簡単で首にかけるだけ。

 

電源は充電池、音源機器

との接続は Bluetooth 利用なので

配線の煩わしさはありません。

 

重さも気になるところですが、

デモ機を 5 分程度試した限りでは

まったく問題はなさそうです。

 

試聴レビュー

デモ機は iPhone(iPod?)と

ペアリングされており、

その音源を聞かせてもらいましたが、

BOSE クオリティの音は

出ていると思われます。

 

もっとも、

ワタシは音質には

あまり無頓着なんですが、

自宅パソコンに付属している

ちっさいスピーカーよりは

格段に良い音が出ます。

 

低音についても

筐体全体が振動する構造に

なっているそうで、

上半身に響くように

感じられます。

 

メリットは

この種のスピーカーの

長所はなんと言っても

「環境音も聞こえる」

ということでしょう。

 

今回のデモにおいても

耳元からは高音質の音を

楽しみながら販売員さんの

説明はしっかり聞き取ることが

できました。

 

またこの機器は防滴しようなので

例えば料理、洗い物をしながら

といった使い方についても

ある程度は対応できるそうです。

 

また、価格的な面でも

SONY のそれとくれべて

格段に安いのも魅力ですね

(2018/05/03 現在 34,560 円)。

 

デメリットは

これも懸念どおりで、

基本的に「音はダダ漏れ」

ということです。

 

音場としては

頭全体を包み込むように

なるよう設計されていますが、

音量を大きくすれば

周囲にもその音は

しっかり拡散されるようです。

 

ただ、実際の使い方とすれば

必要最低限の音量で

済むはずですから、

たとえば雑踏の中で使用したとしても

それほど周囲に迷惑は

かからないものと思われます。

 

欲しいものリストに追加

ということで、

こちらも私のウィッシュリスト

早速追加しておくことにします。

もちろん、まだ買えませんけどね。。

 

気になった方、まずは

店頭でお試しを。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “これは欲しくなる!耳元(ウェアラブル)スピーカーを体験してみました”

  1. […] これは欲しくなる!耳元(ウェアラブル)スピーカーを体験してみました […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ