思い切り春スキー(17-18 滑走日誌 猪苗代 11,12)

週末スキーです。

私は3月7,8日にひかえる

最終レッスンに向けて

しばらく滞在しますが、

まずは週末 2 日間の滑走日誌を

お送りします。

 

初日(2018年3月3日)

いい天気です。

予報では気温が上がるとのことなので

雪質は諦めてのぞみます。

気持ちよく晴れています。

これで気温低めなら最高なんですが。

 

この時点で既にプラスの気温で、

雪も緩んで来ていました。

 

コブモード

こうなりますと、

雪が腐って重くなると、

そろそろコブに入りたくなります。

 

ということで、

コブ斜面を硬軟取り揃えた

ミネロエリアへ。

 

雪が硬めの午前中は

下部の初心者コブなどで

練習します。

 

本日のランチ

既に結構な発汗となったため、

シュワーっと行きたいなぁ。

と思い、中央エリアへ戻って

レストラン ISK へ。

 

お目当ては、

ビールによく会います。

これで胸いっぱいになってしまったので、

本日のランチはこれだけ。

 

午後は再び

ランチ後はミネロエリアへ。

今度は上部の赤埴大回転コースを

攻めてみます。

 

深いラインコブがあります。

 

午後はこの隣に

浅い目のラインが

できたので、

お酒の残る私は

私はそちらを攻めました。

 

が、足が言うことを

きかず、コブには

太刀打ちできませんでした。

 

結局は下部のコブを

なんとか滑れたかなぁと

いう感じで一日の

滑走を終了。。

 

疲労度も高かったようで、

お宿につくなり

バタンキュー。

 

夕食に出かけることも

できませんでした。

 

 

2 日目(2018年3月4日)

今日も晴れ。

さらに気温は上昇。

 

となると整地は

ザクザクの雪。

正直、あまり気持ちよくありません。

 

昨日のコブで疲れが

残っていたので、

スクールに研修として

入らせていただくことに。

 

研修テーマ

ストックの使い方や視線を

強く意識してカラダ(重心)を

しっかり移動させることが

できるよう、

様々なバリエーションで

滑ってみました。

 

ストックは思っていたよりも

全然手前についても構わない

らしく、その方が

ターンの入りもスムーズで

あることが実感できました。

 

まさに目からウロコの

レッスンでした。

 

まだまだ新しい発見が

ありますね。

 

ランチ

レストランはやまにて

ソースカツ丼を。

安定の美味しさですが、

個人的にはこちらのヒレよりも

レストラン ISK などで供される

ロース系の方が好みかな。。

 

午後は復習

午前の研修を反芻するように

繰り返し練習して

自分のものにできるように

精進いたしました。

 

気温はどんどん上がり、

コブ、小回りなどは

ほとんどしてないのに

汗がどんどん出てきます。

 

おそらく大した運動量では

ないのですが、この発汗量で

「いい運動したなぁ」

などと満足してしまいました。

 

夕食は懐かしい味

今日は少しパワーを余していたので、

出かけることにします。

 

お店は昔から猪苗代に

お店を構えるラーメンやさん

「とんとん」さん。

 

お決まりの味噌ラーメンと、

私が若かりし頃に惚れた味

「レバーの唐揚げ」を

食べました。

にんにくの効いたタレが

抜群に美味しいこのメニューは、

ビール、ご飯に良くあいます。

 

そして相方様は、

20 食限定の排骨麺。

麺類はオーソドックス系しか

頼まなかった私は、

初めて食べました。

 

豚肉は香ばしく揚げられており

どこまでも優しい

醤油ベースのスープとの

相性も抜群でした。

 

昔と変わらず味、

新たに知った味で

幸福を感じた夕べとなりました。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ