BLOSSOM(ブロッサム)SKI 2018 モデル

先日訪れた石井スポーツカスタムフェア

のお話。

 

私が昨シーズンから愛用させて

いただいている「BLOSSOM」スキーに

ついて書いてみます。

 

今季も継続

昨年、日本での販売代理店が変わり、

ちょっと心配していたのですが、

今年も出展継続となりました。

昨年お話した担当者も

いらっしゃって、

私の御用達ショップでの

扱いもこれまで同様というお話。

 

これにはほっと一安心。

 

今年はもうちょっと硬い板を…

 

なんてわけには行きませんが

念のため?今季の板について話を

伺ってみることにしました。

 

ラインナップは

私が乗る「WIND SHARE」は

今季の変更はデザインのみとのこと。

 

また今季は新たに幾つかの

モデルが新たに追加となり、

専用ビンディング(チロリア製)

も扱うことになるようです。

 

BLOSSOM 社について

今季は新板導入の余裕が無いので、

BLOSSOM という会社について

色々教えてもらいました。

 

イタリアにアトリエ(工房)を持ち、

全ての行程を手作りで行うそうです。

 

工員さんは 10 名位。

この人数で年間約 1,000 本の板を

生産しているんだそうです。

 

日本に入ってくるのは

その内 200 本程度らしいです。

道理でゲレンデでも

あまり見ないはずですね。

 

小規模に見えて……

で、ここからがちょっと驚いた話。

 

製作は手作りということで、

結構手間がかかっている感じ。

 

板の断面を見せていただきましたが、

ウッドコアの加工が細やかで、

「ここまでやる会社はそうそうない」

とのこと。

 

かくに手間がかけられている割に

安い(それでも一般的量産板よりは

高いですけど…)価格なのには

理由があるそうです。

 

それは、

「BLOSSOM という会社として

山を持っているから」

ということ。

 

すなわち、ウッドコアの

原材料となる木材を

自分で調達しているので

価格を安くすることが可能。

というお話でした。

 

これまで結構小さい会社を

イメージしていたのですが、

やることがデカかったです。

 

ともあれ、

板の良さを別方面から

知ることができ

とても良い機会になりました。

 

とにかく良い板ですよ

BLOSSOM を扱うことになった

「ヴォラーレ」さんの

Webサイトはこちらです。

 

ご興味を持たれた方、

カスタムフェアで予約される以外に、

直接私にお問い合わせいただいても

色々ご案内できますよ。

 

※カスタムフェアでの特別価格はこんな
感じになっていました(画像参照)。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ