自転車のルール徹底をお願いします

今回は自転車に関するちょっとお硬い話題に

お付き合いください。

 

今年も 平成29年4月6日(木)~ 15 日(土)の

10 日間に渡って「春の全国交通安全運動」が行われます。

 

 

それを前に KDDI が日常的に自転車に乗る人 1000 人を対象に

行った「自転車に関する意識調査」を実施したそうです。

 

それによると、

自転車事故に「遭いそうになった」経験は約 6 割、

「遭った」経験は約 3 割あったとのこと。

 

これを年代別(20~60代)で見ると

20 代(「遭った」:4 割、「遭いそうになった」:6.5 割)

が最も高かったそうです。

 

今回の調査対象に 10 代は含まれていませんが、

対象に含まれていたならもっと高い数字に

なっていたことが想像できます。

 

というのも、10 代と言うと、

その大半は免許をもっている割合が

低いため、交通ルールに触れる機会が

少ないということが挙げられます。

 

※運転免許試験(学科)では
最低限のルールを理解しないと合格できませんよね。

 

この調査で「自転車に乗っていて危険だと思う行為」

という設問もあり、これについてはトップが

「夜間の無灯火走行(58.8%)」

となるのですが、自動車運転者からみて

危ないと思える「並進走行( 45.1%)」、

「車道の右側走行( 43.4%)」は低い割合 と

なっており、その意識に乖離が見られます。

 

またこれら数字も 20 代に限定すると

さらに低い値となっていることが分かります。

 

普段クルマで走っていると、

歩道をスピードを出して走るとか、

車道右側を逆走しているというのは

10 代の人が多い印象です。

 

このように危険という意識が低く、

かつルールも周知できていないという

状況で事故がおこってしまうのは

ある程度必然ということもできると

思います。

 

前述の「事故に遭った」「遭いそうになった」

という回答の中にはこれらの

「ルール違反」者が少なからず

含まれていると考えられます。

 

交通ルールとは安全で円滑な交通を生み出すために

長年考えられてきた上で決められたものです。

 

環境整備面で立ち遅れている感は

否めませんが、だからこそしっかりと

ルールを守る必要があると思います。

 

自分の安全は自分で守る。

そのためには無知じゃいけない。

 

ということを念頭にいれて、

自転車に乗って欲しいと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ