堂平山で天空バーベキュー 夜景と星空と

スキーの仲間たちと楽しんできました。

毎年夏の終わりの恒例となった

バーベキュー企画。

 

毎回、場所を変えて行われていますが、

今回会場となったのは、

堂平天文台 星と緑の創造センター

 

ここはかつて東京大学東京天文台として

使われていた施設をときがわ町(当時は都幾川村)に

払い下げ、キャンプ場、BBQ 場、ログハウス、バンガローなどを

新たに整備、観光施設として再出発したものです。

DSC00798_R

モンゴル式テント内部

 

ちなみに、ログハウス、テントなどは

すべて空調管理の至れり尽くせりぶりでした。

 

 

参加者のほとんどは一泊していきますが、

私と相方様は翌日仕事のため日帰りで参戦。

うーん、泊まりたかった……

 

しかも、会場までロードバイクで

乗り付けるという目論見で。

結果、後悔したわけですけど…

 

さて、ヘロヘロになりつつ

会場入りすると、宴もたけなわという状況。

急いで私もビールをいただきます。

 

DSC00792_R

お目当てにしていた肉も、

結構な量がみなさまの胃袋に収まっていたようでした。

 

ただ、先乗りしていた相方様のはからいで、

私のための肉が残っており、厚切り牛タン、

スペアリブなどをしっかり楽しむことができました。

(肉関係の画像は撮り忘れです)。

 

長く楽しい食事タイムはまもなく終盤。

お決まりの焼きそばでシメとします。

DSC00802_R

 

仲間たちとの楽しい会話で

時が経つのはあっという間。

 

辺りは次第に闇に包まれていきます。

そうなるとまずこちらの見どころの一つである

夜景タイムが始まります。

 

BBQ 場のすぐそばから

こんな景色を楽しむことができます。

DSC00808_R

思えば、学生時代、

ここがまだ現役の天文台だったころ、

夜景を見にクルマ(友達の)を

走らせたことが思い出されました。

 

さらに暗くなり時刻は 19 時。

現地ボランティアさんによるイベントで、

口径 45cm の望遠鏡からの星空観察会がありました。

 

雲が多かったので開催自体が危ぶまれていましたが、

雲の切れ間から土星を鑑賞することができたようです。

 

「ようです」と書いたのは、

私が望遠鏡を覗いたタイミングでは

雲がかかり土星のお姿を見ることが

できなかったため。

 

見ることができた人たちは、

「輪っかが見えたー!」

と私とは明らかに違うテンションで

喜んでいらっしゃいました……

 

鑑賞会が終わったところで、

私たちはお暇することに。

 

午後からは雨の天気予報となっていましたが、

結局雨が降りだしたのは会場をあとにしてから。

 

星空鑑賞だけは心残りでしたが、

十分に天空 BBQ 大会を

満喫した一日となりました。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ