メルセデス自動運転的システム熟成&機能拡充 頑張れスバル!

2016年 7 月 27 日に新しいメルセデス・ベンツ

E クラスの国内発売が発表となりました。。

e_class_R

これまでの先進的だった自動運転的システムに

さらに磨きをかけてきているようです。

 

今回初搭載となる「ドライブパイロット」という

技術は前車追従を車線だけではなく、

前車、道路周辺の構造物などを見て車線維持を

行うことができるようなったとのこと。

 

前車追従中に停止した場合、

30 秒以内であれば再発進も操作なし。

 

さらに特筆は「アクティブチェンジングアシスト」。

ウインカーレバーを 2 秒操作するだけで、

右車線へのレーンチェンジ、追い越し、

元の車線への復帰までを自動で

行ってくれるというもの。

 

高速道路ではほぼ自動運転と

言って良いというところまで来てしまいました。

一定時間ステリング操作がないと警告が

なるのは変わらないようですが、

運転中の負担がかなり軽減されることは

間違いないようです。

 

嬉しく思う反面、国産勢からみると遠いところに

行ってしまった感がありますね。

 

で、かたや我らがスバル。

 

この発表の前日に秋に発表予定の

New インプレッサのプロトタイプが国内公開。

Subaru-hatch-21

柱となるのは歩行者保護エアバッグと

アイサイトが全車に標準装備になるというところ。

 

前車は比較的大きな話題ではありますが、

ワタクシ的にはベンツの先進機能に押され気味

という印象が拭えません。

 

今回発表されたインプレッサに搭載される

アイサイトは Ver.3 のまま。

 

若干の機能向上はあるでしょうが、

メルセデスのシステムには大きく水を開けられる

ことには間違いありません。

 

もっとも、この E クラスの価格帯は

600 万円台の後半と言いますから、

かなり格上と言ってしまえばそれまでですが

是非とも我らがスバルも負けないシステムを

実現して欲しいところであります。

 

 

ところで、このインプレッサ、

内装紹介を見ているといよいよ

電動パーキングブレーキが採用されるようです。

 

となると、アイサイトの停止保持機能が

拡大採用されることは間違いないでしょうね。

 

内外装の質感も上がっているようですし、

ボディもさらに大きくなるようで、

こうなってくるとレガシィ系との差別化が

曖昧になる可能性もありますね。

 

このインプベースで次期レヴォーグとかが

作られることになるとちょっとそっちに

興味湧いてきてしまうかなぁと思う

今日このごろであります。

 

したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ