北海道新幹線の旅をさらにオトクに楽しむ

今回のお題は昨日のエントリーで積み残しておいた件について。

 

若い人(気持ちだけ若い人も含む)御用達の乗車券、

「青春 18 きっぷ」や「北海道東日本パス」で北海道新幹線を

利用する方法について書いておきます。

 

青春 18 きっぷ

従来は特例として普通列車の走らない青函トンネルを

走る特急列車に追加料金なしで乗ることができました。

 

改正後は「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の購入により、

奥津軽いまべつ~木古内間で普通車の空席に、

道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間にそれぞれ 1 回

乗車することが可能となりました。

そのお値段は 2,300 円(大人、子ども同額)。

 

これまでこのきっぷを使っていた人の感覚で言えば、

結構手痛い出費になることになりそうですが、

なんとか北海道へ渡る手段は確保されたことになります。

 

北海道東日本パス

こちらは新青森~新函館北斗間での乗車に限り、

特定特急券の別途購入で普通車(空いている席)を

利用可能になりました。

 

新青森から新函館北斗までの特急料金は 3,930 円。

青春 18 きっぷに比べてお値段ははりますが、

この区間を一気にワープできる恩恵はかなり大きいのでは

ないでしょうか。

 

ところで、この「北海道東日本パス」ですが、

きっぷ自体の値段もダイヤ改正で若干上がって

(10,290 円→ 10,850 円)いますのでご注意くださいね。

 

それにしても、、、

今回のダイヤ改正で、「北海道東日本…」利用者の

強い味方だった急行「はまなす」が廃止になってしまったのは

本当に残念ですね。

 

「はまなす」を常用?していた私からすれば

どこで夜を明かすかというのが非常に大きな課題となります。

 

こうなってくると、今回の特典を使わないで、

あえてフェリーや夜行バスなどでワープしてしまった方が、

より効率的に動けるようになるのかもしれませんね。

 

ついこの間には宮古~室蘭間で新たなフェリー就航の

ニュースなども出てきていますので、鉄道にとらわれずに

新たな旅の楽しみ方を追求してみるのも悪く無いと思います。

 

したっけ。

 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ