伝統と革新~老舗銭湯リニューアル

本日、リニューアルオープンした日暮里の銭湯斉藤湯に行ってきました。

建物の立替のため 1 年間のお休みを経ての復活ですが、

この銭湯、リニューアル前に一度訪れたことがあるんです。

 

その理由は日本で最後の三助さん。

残念ながら既にご高齢のため引退されてしまいましたが、

当時、人懐っこい笑顔に癒やされた記憶が蘇ります。

 

当時は味のある中庭があったりと、

「いかにも銭湯!」といった感じの趣ある雰囲気でしたが、

今回のリニューアルで今どきのお風呂屋さんに生まれ変わりました。

IMAG1944_R

入口もモダン

内風呂には複数の湯船(電気風呂、高温風呂、水風呂等)があり、

なかでも特筆は人工炭酸泉があること。

また露天風呂はシルキー風呂と銘打ったお湯です。

 

シルキー風呂とはお湯の中に細かい気泡を漂わせて、

白く絹のように見えることから名付けられたようです。

 

この気泡によって温浴効果が高まるそうで、

炭酸泉との相乗効果か、しばらくカラダの火照りが持続し、

汗がなかなか引きませんでした。。

 

 

あとは、全ての湯船で美人の湯と言われる

軟水が使われているとのこと。

女性の方にもオススメですね。

 

と、充実の内容ですが

あくまで銭湯ですので入湯料は 460 円。

温泉ではありませんが都内でこの値段は

かなりオトクかと思います。

 

IMAG1945_R

浴後はたまらず生ビール。

400 円でおつまみも付いてきます。

これはオープン特別サービスかも知れません。

 

最後に更にオトク?情報。

今日から 30日まで先着 1,500 名に名入りタオルが貰えます。

IMAG1946_R

このタオル、「キトイオン協会」とコラボしているそうで、

抗菌防臭効果が長持ちする加工がなされているそうです。

 

ご興味を持たれた方、ぜひともオープン期間中に

行ってみてください。

場所は日暮里駅東口から徒歩で 5 分くらいです。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ