我が国の航空発祥の地「所沢」散策

今日は埼玉県民の日。

県の一部施設では入館料が無料になったり、

県内の民鉄が乗り放題きっぷを発売したり、

が恒例となっています。

日本航空発祥の地

今回は「所沢航空発祥記念館」に

行ってきました。

 

こちらも入館料は無料です。

この施設は所沢市の航空記念公園内にあります。

この公園は 1911 年(明治 44 年)4 月 1 日に

日本最初の所沢飛行場として

開設された地にあります。

 

まずは気球、その後は時代の

移り変わりによって航空機の製造、

パイロットの訓練を行うための

施設として発展しましたが、

太平洋戦争後はながらく

米軍の占領下にありました。

 

昭和 57 年にその 7 割が

返還され、その大部分が

航空記念公園となりました。

 

それを機に当時の資料を集め、

調査等を実施し、その後の

平成 5 年 4 月にこの施設が

完成したとの事です。

 

因みに、旧所沢飛行場の

一部には東京航空交通管制部が

設置され、東北地方南部から

中国地方東部という広範囲を管轄しています。

 

前置きはこの辺で。

今回は帰りにある用事が

あったのでクルマでのアクセス。

建物最寄りの駐車場は満車。

 

入場待ちのクルマが列をなしていたので、

公園反対側にとめて歩くことしばし。

DSC05791_R

手前の一段低いところが滑走路跡

公園内でランチ

到着はもうすぐ 14 時に

なろうかというところで、

ランチがまだだったので

展示を見る前にまず腹ごしらえ。

館内に併設の「エコトコ・ファーマーズカフェ」

にてオムライスと追加ドリンクの

アイスコーヒーをオーダー。

DSC05767_R

オーダーしてから卵焼き、

チキンライスを調理するようで、

 

ちょっと時間はかかりましたが

熱々の料理が届きました。

正直期待していなかったのですが、

意に反して美味くいただきました。

 

所沢航空発祥記念館

さて、館内へ。

DSC05769_R

2 階まで吹き抜けとなった

空間にところ狭しと航空機が

展示されています。

 

小型機中心ですが、それぞれ

機体の中も見られたりして、

内容は充実しています。

 

展示室の脇には歴史などの展示物などや、

フライトシミュレーターがありました。

どれも子供達が群がっていたので

今回は遠慮しておきました。

 

中でも気になったのがこれ。

DSC05781_R

スペースウォーカー

重量体験装置ということらしいですが、

地球の何分の一かの重力を

体験させる装置であるようです。

 

これやりたい!!

 

恐らく大人も体験可能かと思いますので、

次回人が少ない時に来てみようと思います。


スポンサードリンク

YS11 は……

と、館内をさらっとみたところで

屋外の格納庫へ。

 

庫内の YS11 が特別展示

されているとの事だったのですが、

行ってみるとちょうど扉が閉められ。。。

 

15 時までの展示だったようです。。

 

これは悔しいのでスペースウォーカーを含めて、

リベンジしようと思います。

 

その後は航空公園駅前で

見逃した YS11 を撮影。

DSC05798_R

 

日本航空史上初の犠牲者

そして、帰り道の途中で

展示の中で気になった、

木村・徳田両中尉が墜落した

現場に行ってみることに。

DSC05809_R

その場所は公園から 1.5 kmほど

離れた所沢聖地霊園の

敷地内にひっそりとありました。

 

このお二人は日本で最初に

航空機事故の犠牲になった方です。

しっかりと手を合せて置きました。

 

かくして、今日は「空」色が

強い一日となりました。

明日は新幹線で大阪ですw

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ