トヨタ GR86(SUBARU BRZ)でアイサイトがトヨタから

昨日(2021年4月5日)、

トヨタとスバルが共同開発する

86/BRZ の二世代目モデルがお披露目されました。

スタイル、走りなどは他のサイトにお譲りして、

当ブログではちょっと視点を変えまして。


スポンサードリンク

GR86/BRZ とは

まずさらっと説明。

この両者はトヨタとスバルが共同開発する

FR のスポーツカー。


新型ではエンジンのサイズアップ(2.0 → 2.4L)、

新世代プラットフォーム(SGP)の知見+

インナーフレーム構造などの採用により

さらなる性能向上を果たしました。

※プラットフォーム自体は先代ベース。


86 は今回からトヨタのスポーツブランド「GR」

のモデルということになりました。

※ 初代発表時「GR」はまだありませんでした。

アイサイト搭載

今度のモデルではついにアイサイトが

搭載されることになります。

※ AT モデルのみですが。

機能限定版

なお、今回搭載されるアイサイトは、

ステレオカメラ形状を見るとレヴォーグに

搭載される新世代ではなく Ver.3 のものと

思われます。


しかも、操舵支援系機能は省略されており、

車線逸脱系については警告のみに

留まる模様。


ACC も全車速で追従を行いますが、

停止後の保持は数秒程度でキャンセルする仕様。

これは電動パーキングブレーキを

採用しないことによる理由ですね。


端的に言うと、 Ver.3(ツーリングアシスト)の

ハードウェアを持ちながら、

機能は Ver.2 並という

特別なアイサイトとも言えます。


さらに言うと、操作性も特別仕様。

ACC の ON・OFF、車速セットなどの

基本機能はステアリングコラムから

ニョキッと生えたトヨタの従来型レバーに

よって行うことになるようです。

トヨタにもアイサイト

さて、このアイサイト、

今回は GR86 にも採用されることになり、

トヨタ側でも「アイサイト」という

名称はそのままで販売されます。


これによって、

トヨタブランドでは、

  • Toyota Safety Sense
  • スマートアシスト
  • アイサイト

という、3 つの運転支援システムが

存在することに。

なかなかややこしいことになりそうです。


トヨタ車を購入される際には、

これらシステムの機能・性能なども

しっかり吟味して選ばれることを

オススメいたします。


したっけ。







クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ