「馬鹿旨」と「伝説の……」をつなぐロングドライブ

昨日(2021年4月4日)の話題です。

志賀高原でしこたま滑った翌日、

天気予報もいまいちだったので、

スキーをせずにとあるところへ

立ち寄って帰還することに。

※ 本来は日帰りの予定でした。


スポンサードリンク

朝食

急遽お世話になったお宿にて

朝食までしっかり準備していただきました。

ここでまずご飯をしっかり 2 杯。

志賀高原リゾートゴンドラ

ちょいと脱線。

チェックアウト後にまず向かったのは

お土産購入のため志賀高原山の駅。


ここはもともと発哺温泉とを結んでいた

志賀高原ロープウェイの「蓮池駅」あと。


ロープウェイ廃止後はバスの乗り継ぎ拠点のみ

として機能してきましたが、

今シーズン、ジャイアントスキー場とを結ぶ

志賀高原リゾートゴンドラが新設。

再びゲートウェイとしての役目が

大きくなりました。

パルスゴンドラという形式で、

搬器がどんどんやってくる自動循環式とは違い、

通常のリフトのように 3 連 × 2 のゴンドラが

ケーブルに固定されています。


ぜひとも乗りたかったところですが、

今回はジャイアントからつながるゲレンデが

全て営業を終えてしまっており、

利用価値が低いため次回以降ということに。


トップシーズンならば、ここにクルマを止めて、

このゴンドラを使って中央エリアから奥志賀まで

スキーを履いて移動することも可能です。

ゲレンデ脇をかすめつつ

志賀高原を後にして中野へおり、

その後飯山、野沢温泉、津南、南魚沼と

走って越後湯沢へ。

ここで給油後、関越自動車道で沼田へ。


道中では桜を愛でつつ、

数多のゲレンデを横目にしましたが、

ほとんどがその営業を終えています。

下界はすっかり春ですねぇ。。。


走行ルートはこんな感じ。

夏ならもっと短距離で行けるんですけどね。

馬鹿旨

で、遠路はるばる沼田へやってきた理由が、

沼田エリアへ足を運ぶ方であれば皆知るところにあると

思われるお食事処「馬鹿旨」さんでございます。


到着は 13 時過ぎですが、

店頭には待ちのお客さんが数組。


待ち時間を含めて 30 分ほどかけて、

トマトラーメン(979 円)とご対面。

トマトベースのスープ、独特の麺、

そして具材はアサリ、エビなどの魚介が中心。

ふと思い出すのはるーぱんのペスカトーレ赤。

久しぶりに食べましたがやっぱり旨いです。


そしてお供にはこれまた定番の、

焼餃子(473 円)を。

しっかり効いたにんにくが疲労の残った

カラダに染み込みます。

にんにく 2 回目

その後は高崎にある

今回ご同行いただいた友人宅を経由して、

北関東・東北道経由で家路へ。


渋滞回避と夕食のため

蓮田サービスエリアに立ち寄り。


ワタシはそこでも懲りずに、

すた丼&蓮田セットでにんにく摂取。

これも翌日がお休みだからできる芸当。


かくして暴飲暴にんにく食の

充実した一日となりました。


また節制生活に戻ります。。


したっけ。




クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ