屋内はタバコだめ!改正健康増進法完全施行

つい先日、職場近くのモスバーガー

利用したときのこと。


入口の貼り紙に、

「2020 年 4 月 1 日から店内完全禁煙」

という嬉しい文字が。


「やっとモスバーガーも重い腰を上げたか」

と思っていましたが、その背景には。。


ということで、タイトルの件。

さる 2020 年 4 月 1 日より

完全施行されるにあたり、

その詳細を調べてみました。


スポンサードリンク

健康増進法とは

国民の健康維持と現代病予防を

目的として制定され、

2002 年 8 月 2 日に公布されました。

改正健康増進法

今回は、その健康増進法の中で

大きな柱である

「望まない受動喫煙を防止する」

ことを目的とした一部の改正が行われました。


改正法案自体は 2018 年 7 月に可決、

2019 年 7 月から一部施行されていましたが、

今回 4 月 1 日より完全施行となりました。

基本的な考え方

その法案のもととなる基本的な考え方は

以下の通り。

  1. 「望まない受動喫煙」をなくす
  2. 受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮
  3. 施設の類型・場所ごとに対策を実施

その内容は

詳細は厚労省ウェブサイト

ご参照いただくとして、

そこから重要と思われる事項を

抜粋してみます。

原則屋内禁煙

これまでの、

「学校・病院・児童福祉施設等、行政機関」

に加えて、

「旅客運送事業自動車・航空機」

「旅客運送事業船舶・鉄道」

「飲食店」

においても原則屋内禁煙となります。


なお、上記の施設についても

それぞれ細かい違いがありますが

ここではもっとも影響が大きいと思われる

「飲食店」について書いてみます。

飲食店でタバコが吸える特例

まず、屋外となるテラス席などでは、

喫煙が可能です。


また当面の間、

一定の条件を満たす「喫煙専用室」を

設けることで、この室内での

喫煙は可能となります(飲食は不可)。


さらに、加熱式タバコについては、

「加熱式タバコ専用喫煙室」を設ければ、

ここでの喫煙・飲食が可能となります。

経過措置

さて、この法律、

実はいきなりガッチガチに守る必要は

まだなくて、個人・小規模経営で小規模な

お店ではまだ喫煙可能(その旨の明示が必要、

20 歳以下客・従業員供立ち入り不可)です。

卒煙のススメ

この改正で、喫煙者はより肩身の

狭い思いをすることが多くなると思います。


また、目下猛威を振るっている

新型コロナウイルスについても

もし感染した場合、喫煙者の

リスクはより高くなるという

発表もあります。


これがいい機会ですから、

思い切ってタバコを卒業してみては?


あなただけではなく、

親しい人の幸せも考えて。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ