現代版組踊「息吹〜南山義民喜四郎伝」を観て

本日は南会津(田島)の地より、

感動の余韻を味わいつつ更新します。

現代版組踊「息吹〜南山義民喜四郎伝」

鑑賞してきました。


スポンサードリンク

観ないと分からない

まず感想を書くなら、

この見出しになります。


みなさんも是非一度鑑賞いただくことを

強くおすすめします。

といっても、次回公演は未定でして、

2020 年 3 月下旬を検討している模様。


次回公演が 2020 年 3 月 29 日(日)に決まりました。

会場は喜多方プラザ文化センター大ホールです。


以下、私の至らぬ語彙力を駆使しまして、

この作品も魅力を表現してみます。

魅力を分析

舞台に立つのは小学四年〜高校生、

その若さが眩しく感じます。

この世代の時にこんな環境に出会えた

彼らが心底羨ましく思えます。


俳優チームの演技も見事なもので、

ストーリーに思い切り引き込まれます。


そして合間にたたみかけるように

アンサンブルチームが加わってのダンス。

これも一糸乱れぬ乱舞。

圧巻の素晴らしさ。


内容もかなり手が込んだもの。

脚本もさることながら、

劇中の音楽はすべて生バンドの生演奏&生歌。


しかも、その演奏に花を添えるのが、

地域の太鼓保存会の共演。


という感じで、多方面から

五感をビシビシに攻めてくる

感動の嵐に包まれます。

組踊(くみおどり)とは

琉球王朝時代の沖縄が発祥とされる

歌舞伎のこと。

「現代版」とはこれを

現代風にアレンジしたもので、

誤解を恐れずに端的に言うなら

「沖縄版ミュージカル」とも。

題材は

「南山義民喜四郎伝」とは

南山御蔵入領(みなみやまおくらいりりょう:

現在の南会津を中心とする地域)で

起こった百姓一揆である

「御蔵入(おくらいり)騒動」を

題材としたもの。



詳しい説明は公式サイトに譲ることとしますが、

このとき立ち上がった農民たちと

現代の我々になにか通ずるものを感じた次第です。

明日への息吹

その時代を生きた人、そして演じた彼らの

「息吹」を生で感じることのできる

素晴らしい体験をさせてもらいました。


実は公演ごとに配役、ストーリーなども

変えているそうなので、次回公演も

また観に行きたいと思っております。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ