トヨタのカーシェアとメーカーの危機感

少し古い話題ですが。

2019 年 1 月から

トヨタ直系の会社で

カーシェアサービス「トヨタシェア」を開始しています。


スポンサードリンク

実証実験中

現在はまだ実験という名目で、

期間中の入会金、月額会費は無料で

単純にカーシェア利用中の

料金のみがかかるシステムと

なっています。

料金体系

これがちょっと特殊でして、

これまでの車両クラスによる区分に

加え、料金プランによる

区分も設けられています。

料金プラン

公式サイトを見る限り

詳細がよくわからないんですが、

車両の装備?によって

Casual、BASIC、PLUS の

3 区分に分かれているようです。

乗り捨てOK!

そしてもう一つ、

「往復」と「ワンウェイ」という

料金区分も存在します。


この「ワンウェイ」とは

すなわち「乗り捨て」のこと。


乗り捨てできるのは一部ステーションに

限られるようですが、往復利用が

ほとんどのカーシェアですから、

これはなかなか画期的ですね。

ステーション

1 月当初は中野区のみの

展開だったようですが、

現在では、以下の区、市に

拡大されて、今後も増えていく予定

とのこと(2019年4月16日現在)。

中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、荒川区、板橋区、足立区、江戸川区、八王子市、武蔵野市

我が住まいに近い、

足立区、江戸川区などにもステーションが

置かれるようになりましたので、

「ならばいっちょ使ってみようか!」

と思いましたところ、

意外な壁が立ちはだかりました。

Android 未対応……

この「トヨタシェア」、

利用するためにはスマホアプリが

必要なんですが、

現時点では「iPhone」のみの

対応なんですね。


我がスマホは Android なので

このサービスを使うことはできません。。

お試しレポは……

ということで、

私が「トヨタシェア」の

レポートをお送りできるのは

もう少し先の話になりそうです。

都内=トヨタ直系の強み

この「トヨタシェア」、

運営しているのは「トヨタモビリティサービス」

というトヨタ直系の会社で、

レンタカーやリースが主な業務です。


また、都内ではディーラーも直系会社が

多数を占めていたため、4 つのディーラーを

1 つに統合したりという新たな施策を

バンバン打ち出しています。

これは、「所有」から「利活用」へと

変わりつつ有るクルマのあり方に

対応すべく変化しているということです。


ぶっちゃけますと、

「今後クルマは売れなくなるから

どうするの?」

という危機感の現れでもあります。

他地域は大丈夫?

一方、我が埼玉はというと、

現時点においては地元資本のトヨタディーラーと

これまた関連会社のレンタカーが

牛耳っている旧態依然の状況。


レンタカーの現場から伺い知る範囲では

上層部の危機感は微塵も

感じられません。


隣の東京でここまで劇的な変化をしているのに

埼玉は大丈夫なんでしょうか?


都市部では東京同様に

「クルマ必須」とは言えない

埼玉県ですから、そろそろ具体的に

手を打っていかないと大変な事に

なるのでは?

というのが私の思うところです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。