気になるガジェットをネットでレンタル「Rentio」

本日は昨日の

エントリーからの派生記事です。

参考:耳元(ウェアラブル)スピーカー「SRS-WS1」を体験

 

上の記事でご紹介したこのアイテム、

「体験」とあります通り、

実は購入したものではありませんで、

レンタル品であります。

Rentio

レンティオ」という

サービスを使ってみました。

 

これはどんなサービスかと

いいますと、

「ネット上でカメラや家電などを気軽にレンタルできる」

というもの。

 

公式サイトで申し込みを済ませ

(同時に決済)、

宅配便で送ってもらい、

指定期間レンタル、

レンタル終了後は

再び送り返すというシステム。

 

と書いてしまうと

ありがちなサービスかと

思いがちですが、

この「Rentio」の利点を

以下で列挙してみます。

 

メリット

代表的なところはなんと行っても

送料無料!

レンタル料金に送料が含まれていますので

シンプルな料金体系ですね。

 

保険料など追加の費用もかかりません。

 

その他色々あるのですが、

過失なし故障は無料

というもの嬉しいですし、

万が一不注意で壊しても……

負担額は最大 2,000 円

で済みます。

 

その分、料金は少し

お高めかもしれませんが、

このスッキリした料金体系は

好感が持てますね。

 

実際に借りてみました

ということで、

実際に借りてみました。

 

公式サイトはわかりやすい構成で、

当該商品を探しやすくなってます。

 

例えば、商品検索は、

まずは「ジャンル別」。

これがかなり多岐に渡っていて、

見ているだけてもワクワクします。

 

さらにおすすめなのが、

「シーン別」の商品検索。

 

これが実に便利でして、

例えば、ワタシの場合

うってつけな「スキー・スノーボード」

「アウトドア」なんてシーンもあります。

 

今回は先のエントリーの通り、

試したいと思っていた

このアイテムを借りてみた次第。

レンタル料金

気になるお値段は 7 泊 8 日で

3,980 円。

1 日あたり 500 円弱で

お試しできる計算です。

 

迅速な発送

2018 年 8 月 2 日に申し込みをして、

届いたのは 8 月 4 日。

 

宅急便を利用していますので、

受け取りには日時指定も

できますし、コンビニや

宅配ボックスなどで

受け取ることも可能です。

 

申込みのタイミングや

発送地域によっては

その翌日に商品を

受け取ることも可能です。


スポンサードリンク

専用ボックス

荷姿はこんな感じ。

Rentio オリジナルダンボール箱の

中に商品の箱が入っています。

 

※ Rentio 箱は返却時も使いますので

大事にとっておきましょう。

 

箱の中には商品返却時に

使う着払い送り状も

同梱されており、

レンタル期間が終わったら、

この送り状に送り主として

自分の情報を記入、この箱に貼付。

 

そして、宅急便受付の

コンビニや配送センターへ

持ち込めば手続きは終了。

 

発送はレンタル期間最終日の

23:59 分迄に行えばOKです。

すなわち最終日に手元を

離れていれば大丈夫ということです。

 

もっといろいろ……

なかなかお手軽にお試しができる

この Rentio ですが、

商品ラインナップが本当に

充実してますので、

 

「とりあえず欲しいものが

あってまずは手元に置いて試してみたい」

 

という方は大いに利用する

価値はあると思います。

 

もちろんワタクシも別商品で

また使わせて頂く予定です。

 

全品往復送料無料!【Rentio】

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ