「うみ博」で自動車専用船見学

昨日のお話。

海洋都市横浜うみ博に行ってまいりました。

うみ博

この「うみ博」は

横浜港の大さん橋にて

2018年7月21,22日の

2 日間で開催されたイベント。

 

……だけならばわざわざ横浜まで

赴くことはありませんが、

足を運んだ理由は、

事前申し込み(抽選)に

よる「自動車専用船一般公開」に当選

したためであります。

 

今回の目的地は大さん橋に

絞り込んで久しぶりにクルマで

アクセスしてみました。

 

この日も酷暑だっただめ、

大さん橋の駐車場にクルマを

止め、徒歩の時間をできるだけ

少なくしようという算段です。

 

大迫力

今回公開展示されていたのは

「PISCES LEADER」という船。

 

サイズは全長 199.98m、全幅35.8m、

総トン数 69.931 トン。

 

最大で 7000 台もの

クルマを飲み込むことが

できるとの事ですが、

数字を並べてもピンときません。

 

ということで、船体後部にある

搬入口で撮影した画像を御覧ください。

上から少し引いた絵は、

もう建物ですよね。

 

船内へ

では中へ入りましょう。

受付の際には免許証を確認。

バーコードを付した入館証が渡され、

乗船時と降船時にチェックされる

という厳重なセキュリティです。

 

車両甲板

スロープを上がると、

こんなフロア。

 

ここは自動車を積載する空間で、

こんなフロアが 10 以上あり、

最大で約 7,000 台の

クルマを運べるとか……

 

ここにはいくつかの展示物がありました。

救命いかだ

 

この船の模型は右上。

左隣にあるのはタンカーです。

その巨大さがなんとなく

わかっていただけるかと。

 

職人技

このフロアの奥では

車両を所定位置に止める

「本付け」と呼ばれる作業の

デモンストレーションがありました。

このようにして、

左右は 10cm、前後は 30cm

という間隔できっちり

フロアいっぱいにクルマを

積み込んで行くわけです。

 

ところで、デモに供されたクルマは

私が妙に親しみを覚える

某レンタカーのようですね。


スポンサードリンク

デッキ(船橋)

一つ上のフロアへ。

これも「わ」ナンバー

ここからはワゴン車にて

船内をドライブしつつ、

上のフロアへ案内され、

最上部のデッキをみることが

できました。

桟橋より高いところから見る

山下公園方面です。

 

では、デッキ内部へ。

空調が効いており快適な空間です。

 

ここで撮った画像を何枚か挙げておきます。

 

帰りのドライブで動画を撮影してみました。

 

大変貴重な体験でした

一連の見学で所要は約 1 時間。

デッキとドライブの車内以外は

基本的に空調なしという

過酷な状況ではありましたが、

とても楽しいひと時を

過ごすことができました。

 

体験後は「うみ博」展示を

駆け足で見たあと、

大さん橋のカフェ

blue terminal(ブルーターミナル)

涼みながら小休止。

 

ということで、

最後はおまけ画像です。

 

 

ここのカフェ、

かなり美味しかったですよ。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “「うみ博」で自動車専用船見学”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ