お隣のゲレンデへ浮気(17-18 滑走日誌 猪苗代&リステル 14)

今日は一粒で二度美味しい?感じの

滑走ご報告ネタとなっております。

 

朝の猪苗代

寒さが戻りました。

朝の気温は- 2 ℃。

ゲレンデにはうっすらと新雪。

日中の予想最高気温は+3℃。

十分温かいはずですが、

昨日までが桁違いの

高気温だったので、

なかなか寒く感じます。

 

午前は

フリー滑走でゲレンデ視察。

 

中央エリアはスーパーGの大会が

明日から開催とのことで、

今日から大々的にコース規制が

かけられています。

バーンが硬いうちに

ふりこ坂で大廻りを楽しんだあと、

ミネロエリアへ逃避行。

 

下部のラインコブで

自主トレーニングしました。

今日のランチ

ゲレンデを離れて街へ。

今シーズン、ディナータイムに

フラれ続けたお店に

ランチでチャレンジです。

 

肉料理のお店「レストラン白鳥」さん

にて、ステーキ重を頂きます。

うーん、やはり美味い!

なかなかありつけなかっただけに、

なおさらそう感じるのかもしれませんね。

 

お値段は 1,750 円。

それだけの価値はあると思います。

なお、ランチタイムには

コーヒーがサービスです。

 

午後は浮気………

午後も自由を満喫させて頂き、

お隣のリステル・スキーファンタジアへ。

 

こちら、宿泊では

幾度となくお世話になっていますが、

実はスキーするのははじめてです。

(かつてワールドカップモーグルの

観戦に来た事はありましたが)。

 

まず、目につくのは

ホテル前に広がる緩斜面。

今日は風が強く、この緩い斜面では

思い切り向かい風。

 

カリカリの雪質はおいといて、

初心者さんには程よいブレーキに

なったかも。

 

第二リフトを乗り継いで

ゲレンデトップへ。

 

標高は 871 メートルと

それほど高くはありませんが、

なかなか見事な眺望でした。

ここからモーグルで有名な

「ダフィー」コースと、

尾根伝いの中斜面

「チャイニーズダウンヒル」が

分かれますがダフィーは

既に小雪でクローズ。

 

チャイニーズ…を滑ります。

尾根上という性格上、

そのコース幅は狭いです。

しかも連続する中斜面なので、

初級者さんには厳しいコースです。

 

また、今日現在では

このコースの下部も

クローズになっており、

さらに狭い林間のコース

(「レイ&タック」や

「パラダイス」)を

滑る必要があります。

 

というわけで不慣れな方が

満足に滑れるのは件の

緩斜面しかなく、

なんとも厳しい

コースレイアウトです。

 

全コース制覇をめざし、

一本だけ開放されていた

上級者コース「ガンホー」を滑って

観ましたがここの雪はクラスト……

で苦痛しか感じませんでした。

 

一度でお腹いっぱい

今回、リステルでは 3 時間券を

購入してみました。

 

が、フル活用することなく

1  時間くらいで「お腹いっぱい」

になりました。

 

無理やり休憩タイムを挟み、

2 時間ほどの滞在にはなりましたが。

 

ということで、

恐らく次に来ることは

ないだろうなぁと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ