インフルエンザ B 型闘病記 2018

SNS 等でご報告した通り、

ワタクシ、久しぶりに

インフルエンザの病魔におかされました。

 

ようやくここへ来まして

症状も落ち着いてきましたので、

記録も兼ねまして

闘病記を記しておきたいと存じます。

 

発症

体調の異常を感じたのは

2018年02月09日(金)。

 

午前中にて我が母校のレッスンを終え、

翌日からの三連休ということで

少しの気の緩みがあったのかも。

イントラ日誌 17-18 No.26 猪苗代

 

午後はお休みをいただき、

日帰り温泉、夕食を楽しんみました。

 

その後、この連休を過ごす

猪苗代町内の民宿に落ち着いたところで、

カラダが熱っぽいのに気づきます。

 

朝から喉に違和感があったのですが、

とりあえずは

風邪引いたかなぁという感じで

その日は早めに休むことに。

 

2日目(2018 年 2 月 10 日)

三連休初日。

やはり熱っぽさはあり。

加えて今思えば節々の痛み

と思えるものもありました。

 

そんな状態ではありましたが、

今日から3日間、

関東からの友人もやってくるので

なんとかゲレンデには

繰り出します。

 

そして、午前中は

おつきあいしてちょっと

滑りました。

インフルスキー(17-18 滑走日誌 猪苗代 08)

 

昼休み。

ゲレンデでランチを食べた後は、

まず体調不良を訴える

2 名がお宿に戻ることに。

 

実は、この 2 人は

この一週間、ワタシと一緒に

イントラ活動をしており、

スクール宿舎にて

生活をともにしています。

 

インフル感染判明

ワタシも体調が悪かったので、

2 人に続いて戦線離脱。

お宿で休むことに。

 

宿に戻ると、

先の二人は「病院へ」との事。

私も行くかどうか悩みましたが、

とりあえず二人の診断結果を

待つことに。

 

すると、2 名中

一人からインフルエンザ B 型の

陽性反応が。

 

もう一人も反応は

出なかったものの総合的診断とかで

インフルエンザ判定。

 

となれば、

私も間違いなく保菌していることは

間違いないでしょう。

 

この日は既に夕方でしたので、

そのままお宿にお世話になり、

一晩ゆっくり休むことにします。

 

3 日目(2018 年 2 月 11 日)

連泊予定だったお宿は

本日でチェックアウトさせてもらうことに。

 

一旦ゲレンデに上がり、

スクール担当者にもご報告。

1 週間ほどお休みをいただくことにして、

一旦下山(自宅へ帰る)することに。

 

スーパーマーケットで

食材を調達し、帰宅後は

そのまましばしひきこもり

療養に専念することに。

 

そして今日 2018/02/15

体調は一進一退を

繰り返しつつも

熱については早い段階で

落ち着いたようです。

 

そして、本日、

まだ咳、鼻づまりの

症状は残るものの

大分楽になりましたので、

この記事を書いてみている。

という状況です。

 

投薬記録

病院に行った2人は

そこで処方されたクスリを

飲んでいましたが、

私は初日と2日目に

葛根湯(1 日 2 本)を

飲んだ以外は、

以降ビタミンCの補給のみで、

他にはしっかりと水分と

休息を取ることにつとめました。

 

感染者は……

事後に知ったのですが、

先週一週間の内、

宿舎で一緒に過ごした

一人と、週の内 2 日間を

夕食を一緒にとった

もう一人の友人が

同じくインフルエンザに

感染していたようです。

 

かくに感染力の強い

インフルエンザですが、

私も疲労などがあり

免疫力低下は否めない

状況での感染となりました。

 

巷ではまだまだ猛威を

奮っているようですから

皆様におかれましても

くれぐれもお気をつけを。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ