渋滞軽減のために私たちができること

本日はクルマ関連の話題。

これから年末年始を迎え、

「民族大移動」の時期が到来します。

 

各高速道路では渋滞発生が

予測されていますが、

もしかするとそれを

私達の力で減らすことが

できるかも……?

 

というネタをお送りします。

 

渋滞吸収理論

まずは JAF のサイトで見つけた

この動画をご覧ください。

 

この動画は「渋滞吸収理論」に

関するもので、その理論を元に

渋滞のメッカとも言える

中央道の小仏トンネル付近で

実験を行った時のものです。

 

実験結果

この試験の結果をみると、

後方の「吸収車」の

平均速度が高くなり、

さらにこの「吸収隊」が

通行した後には

渋滞の軽減効果が出た

ことが分かります。

 

この実験では

「吸収隊」は 8 台の

クルマで編成されました。

 

たった 8 台のクルマで

渋滞を軽減することが

できたわけです。

 

実際の走行環境では、

各々のクルマがこの「吸収車」の

役割を担えば、理論上

渋滞は軽減(解消)される

ということが言えると思います。

 

実践方法

では、我々がこの理論を

実践するにはどうすればよいか。

というのを説明してみます。

 

私たち一台一台が

動画中にある「吸収車」の

役割を担えばいいわけです。

 

すなわち、

  • 渋滞区間手前から車間距離を多めに
  • 渋滞区間では車間距離を保つ
  • 速度変化をできるだけ抑える

という 3 つを心がけます。

 

車間があるため前方に

どんどん他車が割り込んできますが、

この時も車間距離を

維持し続けるように走ります。

 

最近装着車が増えてきている

ACC(アダプティブクルーズコントロール)の

絶好の活用場所と言えるでしょう

できれば全車速(渋滞)対応が

好ましいと思います。

 

余裕のある運転を

このようにこの理論で重要な点は、

「吸収車」の存在。

 

いわゆる「余裕のある運転」を

するクルマが増えれば、

渋滞低減効果は増すということです。

 

この動画でも、

「我先に!」

と、頻繁に車線変更をする

クルマが出てきますが、

これは渋滞を助長するのみで

逆効果です。

 

渋滞に出会ったら、

心を大きく持って

「メリハリのない」

運転を心がけるように

してみてください。

 

※この「渋滞吸収理論」は
サグ部(下り坂から上り坂に変わる部分)で
の効果が認められる方法のようです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ