いよいよ明日、商船三井フェリーの

新造船「さんふらわあ ふらの」

デビューします!!

 

そんなタイムリーな中、

八戸と苫小牧を結ぶシルバーフェリーからも

新造船のニュースが舞い込んできました。

※ニュースリリースは 2017 年 4 月 25 日。

新造船の名称は

今回デビューするのは

シルバーティアラ」。

 

その特色は以下の通り。

① オーシャンビューを満喫できる“ビューシート”を

新たに設けました。疲れをゆっくりと癒し、

リフレッシュしていただける特別な空間です。

② 大海原を望むフリースペースの“プロムナード”を

設けました。船旅の仲間と楽しいひとときを

共有できる憩いの場です。

③ 大切なペットとの旅行をお楽しみいただけるよう、

ペットと一緒に入室できる1等室(定員4名)を設けました。

④ 赤ちゃん連れの方にやさしい空間作りとして女性専用の

“あかちゃんルーム”を新たに設けました。周囲に気兼ね

することなくお過ごしいただけます。

⑤ 2 等寝台は、お一人様でも気軽にご利用できる

シングルベッドルーム(個室)とご家族やグループに

最適な2段ベッドを備えた洋室の2種類を設けました。

 

充実の設備

今のご時世を反映してか、

プライバシーを守れる個室タイプの

寝台も設定されるようですね。

 

また、ペット対応や女性専用の

赤ちゃんルームなどもお客さんのことを

考えた良い設備だと思います。

 

「ビューシート」

ただ、上記 2 つには

とりあえず無関係の私でありますので、

大いに気になりましたのは新登場と

なる「ビューシート」ですね。

この画像を見る限り、

なかなか良さげであります。

 

料金は恐らく寝台よりも

リーズナブルになるでしょうし。

デビュー予定は

さて、この「ティアラ」ですが、

そのデビュー予定は

苫小牧発が 2018 年 4 月 25 日、

八戸発はその翌日になるとのこと。

 

私、遠い過去、今はなき

東日本フェリーと共同運航していた頃に

このフェリーを利用したことがありまして。

 

夜行便を利用すると、

ちょうど就寝時間帯に

寝ながら移動できますので

大変効率が良かった記憶があります。

 

「とにかく走って北海道へ」

という向きには津軽海峡フェリーが

オススメなんですが、

あちらは就航時間(4 時間弱)が

短いので、ドライバーが

休める時間も

少ないんですよね。

 

という点で、ほどよく休息できる

こちらの夜行便は実はオススメ

だったりするんです。

 

充実の北海道フェリー

ということで、

実は大変充実している

北海道へのフェリー航路。

 

みなさんも一度優雅な旅を

楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

したっけ。