ブルートレインが九州を目指していた時代

相方様がイオンのお店で

こんなものを見つけて買ってきてくれました。

サッポロビール 黒ラベルのキャンペーン缶です。

 

缶には 6 つの列車の絵が描かれてあり、

この 6 缶セットを購入すると、

このヘッドマーク型のコースターが

1 枚おまけでついてくるというキャンペーン。

 

これらの列車、ワタクシ世代の鉄道ファンは

懐かしく思える列車ですよね。

 

ということで、

今日は九州ブルトレについて

ちょっと書いてみましょう。

 

以下、私の記憶を元に書いていきますが、

ワタクシ、これらの九州行寝台特急に

乗ったことがないんです。

これが一番の後悔でもあります。。。

 

さて、【はやぶさ】ですが、

かつて東京と西鹿児島を

鹿児島本線経由で結んでいた

寝台特急です。

 

A 寝台個室、B 寝台、ロビー、

食堂車等々堂々たる設備を

誇るブルートレインでありました。

 

運行末期には、運転区間が

熊本までに短縮、食堂車も廃止、

短編成化され、途中まで

日豊本線を走る大分行の【富士】と

連結される運用となっていました。

 

この【富士】も当初の終着は西鹿児島で、

【はやぶさ】と【富士】はそれぞれ単独で

運転されていました。

 

そして、2009 年の 3 月に惜しまれつつ

廃止されてしまいました。

 

 

 

現在、東北・北海道新幹線を走る

【はやぶさ】はこの寝台特急が

廃止されてからしばしの間をおいて、

2011 年の 3 月から復活しています。

 

この九州ブルトレへの

思い入れが強い鉄道ファンからは

相当な反感を買っていたと思います。

 

往時これらのブルートレインが目指した

西鹿児島も鹿児島中央と名前を変えて、

九州新幹線の開通をむかえました。

 

 

 

今は鹿児島まで新幹線で行けるように

なりましたが、その当時は

これらの寝台特急が

ほぼ一日(【富士】の西鹿児島時代は

実に 24 時間超)をかけて走っていた事を

考えると時代の移り変わりを

感じずにはいられません。

 

今の鉄道地図を見ると、

私はいい時代を生きていたなぁと

改めて思い知らされます。

 

ということで、

特に内容はありませんが、

今後もこういう想い出ネタを

時々投下して行こうと思っております。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ