水戸の梅まつりへ〜懐かしの偕楽園

今夜、再び猪苗代に入りました。

 

で、その道すがら

(と言いつつかなり遠回りですが)、

水戸に立ち寄り梅まつり開催中の

偕楽園で梅を楽しんできました。

 

お察しの通り、先日の放送された

某公共放送「ブラタモリ」の影響を

モロに受けての訪問であります。

 

思うに、過去に偕楽園を訪れたのは…

かなり昔のことで、おそらくまだ

小学生時代だったのではないでしょうか。

 

公園から線路を挟んだところの駐車場にクルマを止めます。

この時期は周辺駐車場はほぼ有料となり、

その料金は 1 日 500 円。

 

千波湖の対岸まで行くと

無料の駐車場もあるのですが、

そこまではかなり歩くことになりそうなので。

 

偕楽園に入ること自体は無料ですから

(好文亭は 200 円)、

入園料と思えばそれほど高くは

ありませんしね。

 

今日は平日ですが、

駐車場にもそれなりにクルマが入り、

園内もなかなかの人出がありました。

 

梅の開花状況は 60 %とのこと。

天候も曇りでしたが、周囲は

梅の香が漂いいい気分になりました。

 

画像を数枚あげておきます。

こちらはすぐ隣に常磐線の線路があり、

E657系などを間近に見ることもできます。

 

また梅まつり期間中には、

近くの偕楽園駅に列車が臨時停車し、

交通の便を確保してくれます。

この駅も私の記憶とは大きくかけ離れ、

小奇麗になっていました。

また、車椅子の方ようのスロープも

あり、自動券売機も

設置されているようです。

 

ただし、この駅が営業するのは

梅まつり期間中の土日祝のみ。

 

平日に公共交通機関で訪れるためには

水戸駅などから路線バスを利用する必要があります。

 

また、この偕楽園駅は

下りホームだけが設置されていますので、

上り列車は停車しません。

 

なので、上り方面に帰る際には、

一旦水戸まで出る必要があります。

 

なので、せっかくですから、

路線バスなどで水戸に向かい、

そのついでに町並み散策などを

楽しむのもよろしいかと。

 

水戸駅周辺も私が

通っていた頃とは違い

寂しくなっているようですが…

 

私もゆっくり散策などしたかったのですが、

なにせ下道経由の貧乏旅ですので、

1 時間ほど周辺をぶらついたのみ。

 

次回(いつのことやら)はもっと

ゆっくり訪れてみたいと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ