New セレナのフルハイブリッド登場は一年後

「セレナ」ネタでもう少し引っ張ります。

 

今回フルモデルチェンジされたセレナですが、

ラインナップの中に一応「ハイブリッド」な

モデルもあります。

 

が、これは「スマートシンプルハイブリッド」と

称するもので、搭載されるモーターはコンパクトで、

エンジンルーム内でシステムが完結します。

その一方でパワー、燃費への

貢献度は限定的なものらしいです。

 

これはスバルの現行ハイブリッドに

近い思想のものですね。

 

では、なぜこのシステムを搭載したのか。

 

その回答をちろっと営業さんが教えてくれました。

このシステムを搭載することにより、

「購入時の税金がちょっと安くなる」そうで。

 

実際に価格表を見てみますと、

非搭載グレードに比べると取得税と

重量税がそれぞれ安くなっています。

 

こうすることによって、

取得時に負担する価格の軽減をはかり、

さらにランニングコストの低減、

という 2 つの目的を達成できたとのことです。

 

とは言え、

ライバルのトヨタ「ノア」、「ヴォクシー」に

いわゆる「フルハイブリッド」が搭載されていますので、

日産としても黙ってみているわけではないそうで、

今後 1 年をめどに追加する方向で検討している

そうです。

 

ただ、このフルハイブリッドが

どんなものになるかという詳細な

情報はディーラーには入ってきていないそうです。

 

なので、とりあえず

「プロパイロット」と「フルハイブリッド」を

ご所望される方は、もう少し待ったほうが

良いと思われます。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ