New インプレッサをフライングゲット!

本日、スバル本社ショールームにて

今秋発売予定の新しいインプレッサを見てきました。

 

今日の展示車はインプレッサスポーツ。

5 ドアのハッチバックですね。

公式サイトを見るとコレをワゴンと分類しているようですが)。

 

まずはエクステリア画像をどうぞ。

DSC00549_R

斜め前から

 

DSC00550_R

正面から

 

DSC00552_R

横から

 

DSC00553_R

斜め後ろから

 

DSC00554_R

後ろから

 

正面と後ろからの画像を見ると、

幅広く安定感が増した印象ですね。

 

実際のサイズを見ると、

全長×全幅×全高は 4,460 ×1,775 ×1,480。

旧型(4,420×1,740×1,465)より一回り

アップしていますね。

※単位は mm

 

あまり大きくなったという印象は

ありませんでしたが、これは隣に

レヴォーグやアウトバックが

止まっていたせいでしょう。。

 

今回から新プラットフォームである、

SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)を

採用していますが、これまでの流れを

踏襲するデザインなので、現行レヴォーグなどと

相通ずる味わいがあります。

 

悪くはありませんが、

実際に街で見かけた時、差別化が難しいかも……

 

全体的に質感は向上しており、

とくに殺風景だった現行型に比べると、

リア回りは特に力が入っているように感じます。

 

では、車内に入りましょう。

 

内装、特にインパネ回りは

外装にも増して質感の向上が感じられます。

 

DSC00555_R

ステアリングのスイッチ類が

新しい意匠になっています。

 

DSC00556_R

ナビの画面が 8 インチ。

これは羨ましい!

アウトバックの年改でも採用して欲しいですね。

 

DSC00557_R

 

そして、パーキングブレーキが電動になり、

カップホルダーが横に 2 つ並ぶように。

ボディの横方向拡大の恩恵がここにも

生かされています。

 

 

グレードがわかりませんので、この雰囲気が

すべての車種に展開されるかは不明ですが、

かなりいい感じだと思います。

 

さらに内装を隈なく見てみると、

ステアリング横のスイッチに「SRH OFF」なるものが。

DSC00564_R

SRH(ステアリングレスポンシブヘッドランプ)とは、

ヘッドランプがステアリングの舵角に連動して左右に

動くシステムでフォレスターに搭載されています。

 

このスイッチは SRH 機能を停止させるもののようで、

ショールームにあったフォレスターにも同じスイッチがありました。

 

最後にドア回り。

DSC00565_R

パワーウインドウは運転席、助手席が

オート機能搭載となるようです。

トヨタのように全席としないのは

スバルポリシーでしょうか。

 

このように、質感だけではなく装備面でも、

充実したものになるようです。

 

今後のスバル車はこのインプレッサが

ベースになるのですから、

レヴォーグ、レガシィなど

さらに格上のクルマの次期モデルが

どのように変わって来るのか

大いに期待するところです。

 

なお、現行型インプレッサの注文受付は

2016 年 7 月 24 日で終了し、

新型の予約受付は 2016年9月1日から

開始となる模様です。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ