テスラモータースの「モデル S」がマイナーチェンジされました。

デザイン面も微修正が入ったようですが、

大きな話題はやはり「サモン(リモート自動駐車機能)」でしょう。

 

この機能は、すでに販売されたモデル S でも

プログラムのアップデートによって実装することができるとのこと。

 

この方法、日本でやってくれるメーカーないですかね。

例えば、スバルのアイサイトなどはプログラム改修で

機能向上とか出来そうなんですけど。

 

閑話休題。

この自動駐車機能は先ごろ発表された BMW のそれとは違い、

バックでの駐車にも対応しているということです。

 

全自動運転に向けてどんどん進んでいくクルマの世界ですが、

とりあえず、この最先端の機能を手に入れるためには、

1,000 万円超のお金を準備する必要があります。

 

我々庶民の手の届くところまで来るには、

まだまだ時間がかかりそうですね……

 

それにしてもこういうクルマにおける先進技術は、

輸入車から日本に導入されるというのがほとんどですね。

日本車にできないはずはないのに、

なぜ「我先に!」という国内メーカーがないのでしょうか。

 

この辺が日本のメーカーの弱さを物語っているような気がしてなりません。

 

したっけ。