グレーチングの溝は道路整備不良で管理者に責任あり!

自転車(特にタイヤの細いロードバイク)に乗っていると、

時々ヒヤッとさせられるのが道路脇にあるグレーチングの隙間。

IP130208TAN000016000_0001_COBJ

例えばこんなやつですが、

ロードバイクの細いタイヤだとこの幅でも

がっつりハマり込んでしまいます。

 

自転車乗りの事を全く想定していないようで

なんとかならんものかと思っていたところで

飛び込んできたのがこのニュース

 

男性が乗る高級自転車がグレーチングと集水ますの

隙間にタイヤがはまり転倒、自転車を損傷したために

東金市に対して道路整備不備として損害賠償を求めた。

 

これに対して市は、

 

男性に対して 138 万円(過失相殺あり)の損賠倍賞を

支払うことを市議会で決定。

 

ということで決着したようです。

 

実は私の友人もまさにこのような状況で転倒、

腕を骨折してしまったという過去があります。

 

この時、道路を管理している自治体に

訴え出ていれば治療費のいくらかを

賠償してもらえた可能性がありますね。

 

自転車に乗るみなさんはこのニュースの事例について、

覚えておいて損はないと思います。

 

あるいは、こういう危険箇所を発見した場合、

事故を未然に防ぐという意味でも、

自治体に改善を求めて陳情するということも

どんどんしていって良いかもしれません。

 

それ以前に交通ルールを守って、

安全運転を心がけることは言うまでもないですが。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ