神立高原 14-15 滑走日誌 No.046

平日日帰りスキーは

前回のコブ三昧に味をしめての神立高原第二弾。

本当は昨日来る予定だったのですが、

雨模様との事で一日延期しています。

 

金曜日(木曜日も)はレディスデーで、

女性の方はリフト券と 1,000 円分の食事券がついて、

2,000 円という破格なサービスが提供されています。

 

対する男性については、

火曜日に「男祭り」と称してリフト+大盛り食事券のセットが

4,500 円で提供されているようです。

 

朝 8:00 過ぎに到着。気温は 0 ℃でこの時点では曇り。

…が、次第に雪の勢いはどんどん増していきました。

DSC07611_R

こんな絵が撮れたのは朝の内のみ

 

 

とりあえず、整地大回りを数本。

DSC07612_R

人影なし。これぞ平日スキーの醍醐味。

ただし、この後このバーンには若いボーダーさんが

増えてきました。

 

そして本日のメインステージへ。

DSC07614_R

レグルスのモーグルエリアです。

コブライン上に新雪が 5cm くらい積もっています。

その下は固めの雪。

 

前回の柔らかい雪に比べると格段に難易度は高め。

新雪も重めなのでずらす事が難しく、

何度も挑みますが完走できず。。

懲りずに繰り返し入りましたが、

なんども飛ばされてしまい。。

 

心が折れそうになった所でランチタイム。

今回は「チロル」のチロル定食にしました。

それにフリードリンクを付けて 1,200 円

(定食だけだと 1,000 円)。

DSC07619_R

唐揚げ 2 個とコロッケ。それに小鉢が付いています。

ご飯のお供は豚汁です。

 

唐揚げは生姜が聞いており大変美味!

豚汁や小鉢も手作りのようで美味しいかったです。

お米は当然のように南魚沼産コシヒカリです。

午後、再び気をとりなおしてモーグルエリア。

ここには常駐の「コブ職人」がいらっしゃいまして、

今日は午後からその方にお声がけいただき、

コブの滑り方についてアドバイスを

いただきながら滑りました。

 

要点はライン取り方によって板を横できる時間が長く

取ることができ、相応してスピードは低下、

結果としてしっかり板をコントロールできるようになるということ。

 

色々ためになるアドバイスをいただいたので、

この「プチ講習」の後、リフト終了となる 16:30 まで

コブラインに張り付いて練習してきました。

 

因みに、午後には降雪がかなりの勢いになり、

風も強くなってゲレンデ一部では猛吹雪状態。

それにもめげずに滑り続けたのには、

改めて自分のスキー馬鹿さ加減を実感した次第(笑)

 

身体をいじめたあとのおやつはクレープ。

DSC07620_R

いちごチョコクリーム

生クリームの甘さが五臓六腑に染み渡ります。。

 

スキー場を後にし、今回は町中の「駒子の湯」にて解凍。

その後、とんかつ屋さんで夕食を取ることに。

DSC07621_R

かねてから気になっていたお店で今回ようやくの初訪問。

越後もち豚のこだわりとんかつを提供するお店ですが、

ハンバーグを注文するお客さんも多くいらっしゃるようです。

 

初回ということで一番人気のヒレカツ定食をオーダー。

DSC07622_R

こちらもご飯は地元のコシヒカリ。

 

お店推奨の食べ方が幾つか書いてあり、

その中で、塩、醤油、とんかつソースで

食べる方法を試します。

 

中でも塩で食べるのは新たな発見です。

とても美味しくいただけました。

こだわりのお肉はシンプルな味付けが一番のようです。

 

カツが美味しいのは分かりましたので、

次回はハンバーグにもチャレンジしてみます。

 

本日の滑走ログはこちら

よく滑りました…

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ