栗子国際 14-15 滑走日誌 No.016

三連休山形ツアー最終日は

福島県との境近くの栗子国際スキー&リゾート。

学生時代に訪れて以来の久しぶりの訪問です。

 

朝食はビジネスホテルのバイキングで控えめに。

DSC06983_R

このゲレンデ、誕生時は今はなき

東日本フェリー(青函航路など運航)の関連会社が

運営していましたが、亡き後は地元の方が出資して

新会社を設立して運営、維持管理をしているそうです。

DSC06991_R

こんなところに名残が…

先の大震災でクワッドリフトが故障し、

現在も運休中なのは残念です。

 

このため、グランプリコースを滑るためには

最上部のリフトまで乗り継ぐ降りてくる必要があります。

DSC06985_R

最上部へはシングルリフトで

 

天気は雪。風が強め。

一番下のリフトは時折減速運転しています。

DSC06986_R

国道からも目を引く急斜面(レインボーコース)は

重めのパウダーでした。

 

標高はそれほど高くありませんが、

とにかく風が強いため体感温度は低め。

途中、暖を取りながら滑ります。

 

そしてランチ。

手作りとうたわれている「唐揚げ定食」をチョイス。

DSC06987_R

美味!

 

ところで、実は今回、某サイトのクーポンを使っているのですが、

リフト 1 日券と好きなメニューが選べる食事券のセットが

2,000 円というなんとも素晴らしい価格で提供されています。

ランチ中、最下部のロマンスリフトが強風のため停止。

このため、リフト再開まで食休みを取ることに。。

 

長めのランチ休憩終了。

午前中に一本滑ったグランプリコースの

パウダーが楽しかったので、

そちらに向かうも、停電のため上部の 2 本のリフトが停止。

乗車しているお客さんの救出活動が行なわれていました。

強風の折、待っている時間は相当辛かった事でしょう。。

 

不本意な終わり方となりましたが、

最終日ということもあり早めに上がることにしました。

途中、飯坂温泉のホテル聚楽併設の

花ももの湯」にて解凍します。

 

こちらは入場料が  1,350 円と少しお高め。

ですが、施設は大変充実しており、

また 17 時以降ですと 980 円となり、

館内着が要らない場合はさらに 200 円引きとなります。

 

三連休の最終日ということで、

帰りの東北道ではある程度の渋滞も覚悟しましたが、

至って順調に走り、佐野 SA にて夕食。

 

ここでちょっとした裏ワザ実行。

上り線側のレストランは混雑しているので、

階段で往来できる下り線側へ移動し、

こちらでゆっくりと食事を取りました。

IMAG1748_R

この手法は関越道の高坂 SA でも使えます。

どうぞお試しを。

 

かくして贅沢三昧のスキーツアーは終わり。

明日からはお仕事スキーモードに切り替えです。

 

滑走ログはこちら

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ