無駄な時間?通勤時間の考察

会社を辞めてから 3 ヶ月半が経過。

ちょっと感じた事をまとめてみます。

もし気分を害される方がいたら申し訳ございません。

先に謝っておきます。

 

都内までの所要時間

今日の午後は久しぶりに都内で一仕事。

18:30 に作業が終わり、帰宅は

夕方のラッシュアワーにかかりました。

途中で夕食を食べ、買い物をして、

自宅に着いたのは 20:30。

 

途中寄り道をせずとも

約 1 時間 30 分かかります。

久しぶりに味わってみて

この時間の電車って

本当に苦痛ですよね。。

 

サラリーマン時代はいくつかの

職場を転々としてきましたが、

勤務先はいずれも都内でしたので、

大体これくらいの時間がかかっていました。

 

様々な「障害」

混雑している電車内なのに、

平然と足を前に投げ出して座る御仁。

 

ハンドバックを小脇に抱え、

こちらに無意識の攻撃をしてくるお嬢さん。

 

乗降時にドア脇を死守して譲らない人。

ヘッドホンからシャカシャカ音漏れ男子…等々、

なんか窮屈ですよねぇ。

 

こんなことに耐えながら 3 時間

過ごしていたんだなぁと思い起こし、

背筋が寒くなった次第でありました。

「なら近場で働けばいいじゃん」

とも思いましたが、

私の職種(というか所属会社の取引先)の

関係上、作業場所を近所に

持ってくることがどうしてもできませんでした。

これも退職を選んだ理由の一つです。

 

この苦しい時間、スマホを見て

情報収集したり、本を読んだり

ということをして紛らわしては

いましたが、半ば強制的に

強いられるこの拘束時間は

給料の発生しないほぼ

「無駄な時間」なわけで。

 

もし定年までこれを繰り返したら…

と思うとぞっとします。

 

で、脱サラしました

通勤時間についての

捉え方は人それぞれだとは思いますが、

私はこの通勤地獄から抜け出せただけでも、

気分的にかなり軽くなっていることは確かです。

会社を「卒業」して本当によかったと思っています。

 

現在、独立してから順調とは言えない状況ですが、

今後もこの世界には舞戻らないように

努力していこうと思います。

 

※明日の午後も、都内で作業なんですが、

ちょっと時間をずらして帰ろうと思います。。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ