新型トヨタ MIRAI にちょい試乗

本日はレイクタウンへ。

その目的は、

トヨタ MIRAI です。

今日(2021年5月22日)と明日の 2 日間は、

レイクタウン mori にて展示・試乗会が

行われています。

MIRAI とは

簡単に説明。

「MIRAI」は燃料電池車。

タンクの水素を FC(燃料電池)スタックと呼ばれる

発電装置で酸素と化学反応させて電気を作り、

この電気でモーターを駆動して走ります。

展示会

展示会が行われているのは、

レイクタウン mori のトヨタモール。

ちょい試乗

今回の試乗会、乗れるのは

駐車場内の数 100 メートルというごく短い距離。


グレードは確認しませんでしたが、

「Z」だと思われます。

試乗車のボディからは 2 色。

そのうちの鮮やかな青

(フォースブルーマルティプルレイヤーズ)に

目を奪われました。いい色です。

ボディサイズ(単位 mm)は、

全長 4,975 x 全幅 1,885 x 全高 1,470。

堂々たる体躯です。

駐車場内の試乗ではちょっと持て余し気味。

その分、室内のゆとりも確保されています。

※水素タンクが大きいため、
 ガソリン車よりスペース的制約があります。

運転してみると


運転できるのは、短い距離ですが、

その質の高さを垣間見ることができます。


駐車場内にはちょっとした

ギャップがあるのですが、

20 インチホイールを履いたタイヤが

ほぼ振動を伝えることなく

乗り越えるのはちょっと感動。


トヨタ最高峰の乗り味なんていう

評価もあるようですが、

あながち嘘ではないかも。


実際、レクサス LS と

同じプラットフォームを使っている

とのことです。

ぜひ公道で存分に味わってみたいでです。

お値段

最後に気になるお値段。

価格帯は最安 710 ~ 860 万円。


いいお値段ですが、

これで LS 級の乗り味、

最先端のパワートレーンが

手に入ると思えば安いのかも。


さらに燃料電池車導入には

国からの補助金がもらえます。


これを活用すると 140 万円程度

お安く入手することができるようです。


ちょっとした高級車という感覚で買えますね。

水素ステーション

燃料電池車のもう一つのネック。

それは燃料補給できる場所が少ないこと。


このサイトによると、埼玉県三郷市在住のワタシの場合、

最寄りは越谷のステーション。


移動式ステーションで営業時間は

14:00 ~ 16:00 のたった二時間。


しかも営業日は火・木曜日のみ。

この状況ではおいそれと手を出せる

レベルではありませんね。。


燃料電池車のさらなる普及のためには

ステーション増備が急務となりそうです。

水素応援

なかなか自分に乗るにはしんどい状況ですが、

ぜひ燃料電池車には頑張ってほしいところ。


日本車の強みを活かせるのは

この技術が肝となるのではと思っています。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ