もっさり→快適!PCのHDDをSSDに換装してみました

自宅 PC 購入から 6 年、

内蔵 HDD がそろそろ寿命を

迎えるようで、動作も重くなってきました。


現状新しいPCを買う余裕はありませんので、

HDD を SSD に替え、延命を図ってみることに。


スポンサードリンク

HDD と SSD

まず用語説明をざっくりと。

HDD(ハードディスクドライブ)

これまで使っていたのがこれ。

内部にはデータを記録する円盤と

磁気ヘッドが入っており、

円盤を高速回転させて磁気ヘッドを

動かしてデータの読み書きを行うというもの。

SSD(ソリッドステートドライブ)

内蔵されたフラッシュメモリに

データを記録します。

HDD の円盤や磁気ヘッドのような

物理的駆動部品がないため、

小型化や静音化、処理の高速化を実現します。

やり方

では、本題。

換装の方法はいくつかありますが、

ワタシはできるだけ安易に……

と考えまして、「クローン」を作ることにしました。


クローンとは今まで使っていた

HDDの中身をまるっと新 SSD に

コピーするという方法です。

揃えたもの

今回揃えたものは以下の通り。

SSD

まずはこれ。

元 HDD の容量は 500GB

だったため少し余裕を持って 512GB としました。

2.5インチSSD/HDD変換マウンタ

デスクトップパソコンに

内蔵されているHDDは 3.5 インチサイズ。

SDD は 2.5 インチなのでこの

マウンタが必要になります。

HDD ケース

本来は内蔵HDD/SSDを外付けドライブとして

利用するためのものですが、

以下の商品は 2 つのドライブを

装着してクローンを作ることができます。

やってみた

では具体的手順をざっくり。

PC に触り慣れている人ならそれほど

難しくはありません。

内蔵 HDD 取り外し

まずこれまで使用していたHDDを

パソコンから取り外します。

クローン

上のHDDを新たに購入したSSDを

HDD ケースに装着、電源をつないで

ボタンを押すだけ。

私の環境の場合、作成完了まで

ほぼ 2 時間かかりました。

SDD 装着

SDD に変換マウンタを取り付け、

PC に装着。

これにて完了です。

待ち時間を除き作業は 1 時間も

かかっていません。

比較動画

ではその成果を。

電源ONからログオン画面表示までを

動画撮影してみました。

正確な時間は図っていませんが、

体感で半分くらいに短縮されました。


また、全域で使用感もサクサク、

かなりストレス軽減になりました。


これで、もうしばらくこの PC にも

がんばってもらえそうです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ