本日はさる 2020 年 7 月 3 日に発表された

観光庁のこちらのリリースより。

世界に誇れるスノーリゾート

観光庁では 2020 年度より、

2030 年に日本を訪れる

外国人旅行客の消費額 15 兆円などを目指す

「国際競争力の高いスノーリゾート形成促進事業」

を実施しています。

対象事業は?

  1. アフタースキーのコンテンツ造成
  2. グリーンシーズンのコンテンツ造成
  3. 受⼊環境の整備(多⾔語対応、Wi-Fi 整備、キャッシュレス対応、公衆トイレの洋式化等)
  4. 外国⼈対応可能なインストラクターの確保
  5. ⼆次交通の確保(スキー場間の周遊等のためのバス運⾏の実証実験)
  6. 情報発信(プロモーション資材の作成等)
  7. スキー場インフラの整備(索道施設の撤去、搬器の更新(機能向上分に限る。)、⾼機能な降雪機の導⼊及び IC ゲートシステムの導⼊)

以上について、その事業費の

2 分の 1 を国が補助するというのが、

今回の施策です。

18 エリア

このほど、その支援対象となる

18 地域が決定されました。


北海道(複数エリア)、白馬、

志賀高原など日本の名だたる

エリアが名を連ねる中で……

福島県では

我が?福島県では、

会津磐梯(福島県猪苗代町、磐梯町、北塩原村)地域が

その対象に選ばれました!


形成計画名は、

「会津磐梯スノーリゾート ~一番近い東北、山と湖のスノーリゾート~」


形成計画策定者は、

スキーリゾートふくしま創造会議


磐梯山周辺地域の3町村

(猪苗代町、磐梯町、北塩原村)と

地域内のスキー場、スキー関係団体、

商工・観光団体、NPO団体及び県で

構成されています。

少雪・コロナ禍を超えて

昨シーズンの驚異的少雪と

それにつながるように起こった

コロナ禍で先行きが不透明なこの状況ですが、

今回の決定で一筋の光明を見た気がします。


なんとか、これを景気に

会津磐梯エリアが元気になって欲しいと

願うばかりです。

南会津は

その一方で、こちらも魅力的なスノーエリアである

南会津(会津高原)はその対象ではありません。


なんとかこの苦境を乗り越えて欲しいと

思います。

ワタシができることは微力ですが、

このエリアの魅力を今後も

発信して行きたいと思っております。


頑張れ!会津!



したっけ。