レンタカーで駐禁を切られたら

本日、我が職場からご出発された

お客様(のレンタカー)が駐車違反の

取締を受けました。


レンタカーご利用の皆様は

兎にも角にも駐車違反をされないよう

ご注意ください。


で、今回は、

「レンタカーで駐禁を切られたら?」

について。


スポンサードリンク

必ず出頭を

違反キップ記載の警察署に出頭して

反則金を支払ってください。


ネット界隈を見ますと

「出頭しない方が得」

なんて情報もありますが

(詳細はググってくださいね……)、

レンタカーの場合、これは通用しません。

駐車違反すると

レンタカーの貸し出しの際には、

運転者の免許証の

提示を受けていますから、

駐車違反をしたときは自動的に

運転者が特定されることになります。


故に、言い逃れができず、

違反点数が加算されることになります。


具体的には、レンタカーで駐禁を切られた場合、

ほぼ、リアルタイムにクルマの

所有者(レンタカー会社)に通知が行きます。


その時点で貸し出しを受けていたお客さんに

出頭依頼の連絡が行くことになります。


レンタカーの返却時に出頭したかを確認、

という流れになります。


もし、返却までに

出頭していなかった場合、

レンタカー諸々の料金に加え、

既定の駐車違反金

(トヨタレンタカーの場合、普通車:25,000円、

準中・中・大型車:30,000円)を

支払うことになります。


この違反金はその後出頭し、

反則金支払いの旨を証明できた場合、

返却してもらえます。

交通ルールを守りましょう

ということで、

レンタカーで駐禁を切られてしまったら

「悪あがきはやめましょう」

ということです。


件のお客さん、返却時にゴネてましたが

無駄な抵抗です。

駐禁を切られたという事実を前に

店舗スタッフはどうすることも出来ません。


こうならないためにも

クルマを運転するときは

交通ルールをしっかりと守りましょう。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ