投票に行きましょう

お堅い話題です。

普段は避けている政治の話を

ちょっと熱っぽく書いてみます。


スポンサードリンク

もう投票できます

第25回参議院議員通常選挙の投票日は

2019 年 7 月 21 日(日)です。

が、本日時点ですでに投票することができます。


投票日当日に都合が悪い人たちのために

設けられた制度でこれを期日前投票(きじつぜん-)といいます。

幟が裏返しだったので左右反転しています

自宅最寄りの投票所では

投票できるのが今週末からと

なっていましたので、

少し距離がありますが、

三郷市役所にて投票を済ませてきました。

映画「新聞記者」

で、その足でこんな映画を見てきました。

少しでもニュースの裏側を知る

人にとっては「この内容で大丈夫?」

という感想を抱くと思います。


あくまでフィクションということですが、

劇中で取り上げられる事件は、

実際に起ったものと類似性が見られる

ものもあります。


はっきり言って重い内容で、

見たあとの爽快感なども得られません。


今の日本の縮図の垣間見た思いです。

あなた自身のために投票を

話題は飛びます。

当ブログを御覧の皆様へお願い。

上の映画の世界を現実のものと

しないためにも

投票に行って欲しいと思います。

その理由を 2 つほど。

税金は=投票所入場料

1 つ目。

「無投票(棄権)は税金をドブに捨てる事に等しい」

からです。


ちょっと考えれば分かると思いますが、

選挙を実施するにもお金がかかります。


具体例として、

投開票時に各投票所から投票用紙を

集積する時に必要なクルマの一部は

私の職場から貸出したりしています。

この費用、賄っているのは

私達が収めた税金です。

選挙費用を間接的に私達が

払っているということ。


すなわち、投票所入場券はタダでは

ありません。

※投票所入場券を紛失しても投票は可能です。ご安心を。


故に面倒だという単純な理由で

権利行使しないなら、あなたが

「入場料」として払った税金の

何割かは無駄金になります。

どうせ……

2 つ目。

投票しない人から聞かれる理由で

よく耳、目にするのが、

「私が一票を投じたところで変わらない」

というもの。


そんな思いの方が全て投票すれば、

国政が大きく変わる可能性が出てきます。

それを以下で詳しく説明します。

年代別投票率

前回(第24回参議院議員通常選挙)の

投票率は全体で 54.7%。

これを年代別に見ると、

年代投票率(%)
10代46.78
20代35.60
30代44.24
40代52.64
50代63.25
60代70.07
70代以上54.70

参考:総務相「参議院議員通常選挙における年代別投票率の推移」
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

若い世代の投票率が低いことが分かります。

これを見る政治家さんたちがどういう判断を

するかと言うと、彼らが議員活動するために

欲しいのは「票」ですから、

「投票率の高い年代に受けの良い政策を打つ」

ことを優先するわけです。


すなわち、高年齢層向け政策を強く打ち出し、

若年、子育て世代の政策は二の次、

という方針になっているのが現状です。


さらにはそんな政策のせいで

少子高齢化が進んでいますから、

このままの状況で推移しますと

この傾向はさらに強まる

可能性が高いです。

投票に行ってください

だから、ぜひとも、特に若い人達に

お願いします。

「投票に行ってください。」

将来の日本を良い方向に変えるのは

あなた達の一票です。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ