スキーイントラ日誌 No.15

レッスン家業 15 日目。

 

天気が目まぐるしく変わる中、

少し長めにがんばった一日でした。

ゲレンデ状況

朝の状況は、

 

こんな感じ。

曇り空で気温は高め。

 

しばらくすると、

気持ちよく晴れました。

 

こんな日はゲレンデ上部へ

行きたいところですが、

現在の担当班は

昨日からの初心者班でしたので、

大展望は望めず。。。

 

その後 15 時くらいからは

一気に雪が降り出しました。

結構な勢いで明日の午前中まで

降り続く模様です。

 

午前のレッスン

初心者班を引き連れて、

早速リフト乗車です。

 

ただし、初回はつぼ足で。

 

まずはプルークファーレンで

葉山ゲレンデを一本

ゆっくり滑ってもらいます。

 

板の扱いにも慣れて来たようなので

リフト 2 本目は板を装着して。

 

難関とされるリフト降り場でも

さしたる困難は見られませんでした。

 

ただ、13 人を引き連れての

レッスンはなかなか大変で、

技術の会得具合にも

差が大きくなってきます。

 

数人の生徒さんを

集中的にケアしながら、

かつ皆さんに飽きさせないように……

となかなか苦労はつきません。

 

なんとかプルークボーゲン的な

滑りが形になってきたところで

午前中は終了。

 

ランチ

生徒さん達と一緒に、

宿泊施設で定番のカレー

……ではなく、ハヤシライス。

無難?に美味でございました。

 

午後のレッスン

最後の一本で滑走を

ビデオ撮影したいとの

リクエストが。

 

それまでにきれいに

トレイン(一列で滑る)が

できるように、滑走距離を

長めに滑ります。

 

なんとかモノになったかなぁ

と思いきや本番のカメラ前で

転倒してしまう生徒さんもいたりして。。

 

ワタクシの力及ばすです。。。

 

インストラクターとして

まだまだ学ぶべきことは

多々ありますね。。

 

フリー滑走パトロール

午後のレッスン終了後

少し時間を挟んで、

生徒さんたちはフリー滑走タイム。

2 時間弱という自由時間のうちに

どんどん天候悪化。

湿気の多い雪が勢いよく

降り始めました。

 

生徒さんたちは最後まで

頑張って滑る人、

途中でめげる人もいたようで。

 

ワタシも気持ちはめげていましたが、

最後の生徒さんまでしっかりと

見守りました。

 

明日の予定

午前の 2 時間で総仕上げ。

午前中まで降雪という予報なので

自然の厳しさというものを

生徒さんにも味わって

いただくことになりそうです。。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ