青春18きっぷで南東北乗り継ぎ旅 2018 夏

最近、めっきり過ごしやすくなりました。

 

ということで、お休みの本日、

さりゆきつつある夏を惜しみつつ

日帰り小旅行をしてきました。

青春18きっぷ

今回は「青春 18 きっぷ」を使います。

46 歳の夏に青春を謳歌すべく。。

 

とりあえず北へ

事あるごとに北に向かってしまうのは

やはり北の大地への思い入れが

強いからなのでしょうね。

 

ということで、

宇都宮線下りに乗車し、

乗車中に目的を

 

黒磯→郡山間の乗り継ぎを確認

 

することに決定しました。

 

実はこの区間、

以前は乗換なしで行けたのですが、

現在は新白河で乗り換えを

する必要があります。

 

その理由は、、、

黒磯駅改良工事

東北本線(宇都宮線)は

黒磯駅を境に架線を流れる

電流が交流(北)と直流(南)

とにわかれています。

 

かつて、黒磯駅には

構内に交流と直流を切り替える設備があり、

交流用、直流用車両の両方が

乗入れできましたが、

今年(2018年)1 月の工事によって、

この設備が廃止、

交流と直流の切替ポイント(デッドセクション)が

駅の北側に移設されたため

黒磯駅構内に流れるのは直流のみとなり、

交流車の乗り入れができなくなりました。

その結果

この工事に先立って、

2017 年 10 月からは、

交流車の乗り入れが

新白河以北になり、黒磯~新白河間では

交直流車(交流直流どちらでも走れる)と

気動車が走ることになりました。

 

この区間で運転されるのは

常磐・水戸線でお馴染みの

交直流車 E531 系と

磐越東線を走るキハ110系。

 

5 両編成の E531 系は朝夕の

混雑時に、それ以外の時間帯は

2 両編成のキハ 110 系で運転されます。

 

実態調査

ということで、今回の目的は

この現地調査。

 

宇都宮

湘南新宿ラインから

の快速で 12:14 に到着。

奥には E531 系がいます。

日中はここと白河駅に一本ずつ

留め置きされているようですね。

 

線路内人立ち入りのため、

遅れてきた 205 系の黒磯行に乗り継ぎます。

黒磯

日中時間帯(黒磯発 14:13)なので

キハ 110 系での運転です。

これは磐越東線用の車両を

使っているようです。

 

新白河

架線のある線路を

爆走する気動車という

レアケースを堪能しつつ新白河へ。

 

郡山方面への乗り継ぎが同一ホームで

できるよう改良工事が

されていました。

ホーム中程にある車止めの奥に

郡山行の電車が停まっています。

 

ここからは乗りなれた 701系で郡山へ。

磐越西線(今回未乗車)とのツーショット。

帰り道は……

郡山へ着いたのは 15:21。

 

目的は達成しましたが、

ここから同じルートを戻っても

面白くないので、

構内の片隅から発車する

水郡線(15:55 発)の列車で戻ることに。

 

もう少し早い到着だと

磐越東線の 15:12 発の列車にも

乗れたんですけどね。

 

水郡線は最新ディーゼルカー

キハ E130 系の 2 両編成。

水戸までの通し運転です。

常陸大子では

乗務員交代のため少々停車。

 

ここで数分の遅れを

取り戻します。

久慈川沿いを縫うように南下し、

3 時間超の長旅を経て、

すっかり日の落ちた頃終点に到着。

 

水戸

到着は 19:05。

 

ここからは列車の本数もあるので

一本見送って駅の外をぶらり。

北口の丸井は 9 月に

閉店してしまうそうな。。

 

若い頃通ったお店が

なくなるというのは

寂しい限りです……

 

駅に戻って夕食。

思い当たるところがなく

結局ホームの立ち食いそば屋さんへ。

 

どこかで見かけた

こんなメニューに出会えました。

唐揚げそば(420 円)です。

 

唐揚げは本家と同じくらいの

大きさに見えますが、

厚さが少し足りない印象。

 

その分ネギは多めに

のっかっています。

 

衣は柔らかめで

味付けは濃い目でしたが

これはこれでアリかと。

 

そして自宅へ

水戸からは常磐線、武蔵野線と

乗り継いで帰宅しました。

 

どちらの路線も

ダイヤが乱れていました。

東海道線、京葉線での

人身事故の影響を受けていたようです。

 

直通運転というのは

便利な一方でこういう

弊害も生み出しているんですよね。。

 

あと 4 日分は……

ということで、

なかなか有意義に「鉄」分を

補給できた一日となりました。

 

あと 4 回分をどうするかは

全くノープランですが、

使用期限は 9 月 10 日までなので

まぁなんとかなるでしょう。。

 

したっけ。

One Response to “青春18きっぷで南東北乗り継ぎ旅 2018 夏”

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ