大興奮!ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 2016

今年も行ってまいりました。

ツール・ド・フランスの

本大会を駆け抜けた強豪達が、

さいたまの市街地で勝負を

繰り広げるロードレース。

年々盛り上がります

今年は 4 回目の開催。

年々お客さんは増えて

きているようで、嬉しい限りです。

その反面、観戦エリアの場所取りが

熾烈になるわけですけど。

 

サイクルフェスタ

その模様は後半に書くとして、

まずは併催の「サイクルフェスタ」会場へ。

 

dsc01100_r

こちらもたくさんの人で賑わっています。

 

各専門店を一巡りして

メインレース前に腹ごしらえ。

dsc01104_r

大宮ナポリタン焼きそば

dsc01105_r

 

食事途中15時をむかえ、メインレース開始。

いそいで平らげて観戦ポイント探し。

 

観戦!

今回はパブリックビューイングの画面と

実際のレースが間近に見れるスポットへ。

2016-10-29

赤丸の辺りです

 

出遅れたのでポジションはかなり後ろ。

選手たちのナマの姿はチラッとしか

見ることができませんでした。

dsc01111_r

なかなかいい絵が撮れません

 

ということで、以下は

コースを俯瞰で眺める場所に移動して

オーロラビジョンの画像から……

 

見せ場を作る日本人!

レース中盤からしばし日本人二人(

新城、別府)を含む

三人がレースを引っ張り…

dsc01116_r

 

一時は別府史之選手が抜け出して独走!

dsc01120_r

 

これらの敢闘も終盤には結局メイン集団に吸収され、

最終のスプリント勝負を制したのは

dsc01126_r

本大会でポイント賞をとっていた

ピーター・サガンでした。

 

そして 2 位に食い込んだのが、

日本人の初山 翔(ブリジストンアンカー)選手!

本大会総合優勝のクリス・フルームを抑えての

この結果です。

 

この競り合いを目の当たりにしていた

ゴールエリアの人たちは

大興奮だったのではないでしょうか。

 

かくしてメインレースは終了。

その余韻に浸るべくしばしその場に佇んでいると、

レースを終えた選手たちがゆったりとコースを

走り抜けて行きます。

 

そして、しばらくしてひときわ大きな声援が。

dsc01132_r

新城幸也選手が非常にゆっくりと

言えるスピードで沿道のお客さんたちと

ハイタッチしながら走り抜けて

いきました。

 

来年はこのハイタッチ組に入るよう、

早めに出かけようと誓ったのでありました。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ