たまに食べたくなるスープ入り焼そば

福島へのリアル宝探しへの道すがら。

塩原温泉の「こばや食堂」さんで B 級グルメを味わいました。

 

その名は「スープ入り焼そば」。

私がこのメニューと出会ったのは、

ハンターマウンテンスキー場のスキースクールにいた時。

 

それ以来、ときどき無性に食べたくなる事があり

その都度訪れてきた次第です。

 

営業時間は 11 時~ 15 時となっていますが、

スープがなくなり次第閉店となりますので、

土日などは早じまいが多くなります。

 

かつては夜の営業もやっていたので、

スキー帰りに食べるっていうこともできたんですけどね。。。

 

因みに「スープ入り焼きそば」で人気を二分する「釜彦」さんでは

おみやげ用のものも販売しています。

 

お店に着いたのは 11:30 頃。すでに 10 人ほどの行列。

最後尾は数分差で先着した友人でした。

 

並んでいる間にこんな光景も。

DSC00033_R

 

30 分弱ほど並び、入店は 12 時少し前。

オーダーは「並」と「チャーハン」です

(チャーハンは相方様とシェア)。

 

10 分ほど待ってまず主役が到着。

DSC00034_R

みた目はラーメンっぽいですが、あくまで焼そばです。

 

焼きそばを丼に入れて鶏ガラベースのスープをかけてあります。

焼きそばの具はキャベツと豚肉というシンプルなもの。

 

まずスープを一口。

昔ながらの鶏がらスープという感じ。

 

それから麺を食べ進めていくと、絡まるソースが

溶け出していきスープの味がどんどん変わっていきます。

これもこの料理の味わいの一つ。

最後には全く違った味のスープになります。

 

麺を数口味わったところで、チャーハンが到着。

DSC00035_R

今日は忙しかったためか、ちょっと混ざり方にムラがあります。

 

が、これでも美味しいです。

スープが付いてきますので、混じりっけないスープの味が楽しめます。

生姜を効かせていることがわかります。美味です。

 

このお店はこのメニュー以外にも、

定食や丼物があるのですが、

頼んでいる人はほとんどいないようです。

 

もう少し近所にあれば、

それらのメニューも味わってみたいところですが。

 

ところで、

この「スープ入り焼そば」の類似メニューとして、

青森県黒石市の「つゆ焼そば」、千葉県船橋市の「ソースラーメン」が

ありますが、前者はそばつゆを使い、後者はあくまでラーメンである

という点が「スープ入り焼そば」と異なります。

 

したっけ。


こばや食堂定食・食堂 / 那須塩原市その他)

昼総合点★★★★ 4.5

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “たまに食べたくなるスープ入り焼そば”

  1. […] 少しゆっくり出発し、塩原温泉で腹ごしらえ。 […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ