確定申告の強い味方 会計ソフトのオススメは

2015年度の確定申告も無事完了!

今年も「会計ソフト freee」の

お世話になりました。

おかけでだいぶ作業の省力化

できたのではないかと思います。

 

実際の作業内容については

昨年のエントリーをご覧いただくとして

(2 年目の今回は省略できる作業が沢山あります)、

今回はこの freee を導入して

良かったなあという点をいくつか

挙げてみます。

 

パソコン上で完結

ほぼ全ての作業をパソコンで行うことができます。

税務署に足を運ぶ必要はありません。

パソコンを扱い慣れた人なら

導入しない手は無いでしょう。

 

データはインターネット上の

サーバーへ無期限に

蓄積されていきますので

(無料プランは一定期間後に削除されます)、

過去データの参照も可能です。

 

例えば前年のデータを参考にしながら、

今年の作業をすることも可能です。

 

また、Android、iPhone 用アプリもあり、

自動で取り込んだ口座の入出金データから簡単に

仕訳登録を行うことができます。

 

このアプリを使って日々仕訳をしておけば、

月末まとめての作業もかなり軽減できます。

 

取引登録がカンタン

freee」を使用開始時に

銀行やクレジットカード、電子マネーなどを

「口座」として登録しておくと、

以後、取引データは自動で

取り込まれますので、その都度、

手入力する手間が省けます。

 

また仕分け作業も自動化

することができますので、

毎月決まった取引などは

ほぼ自動的に決済することが

できてしまいます。

 

ただし、現金での取引だけは手入力する必要があります。

スマホアプリでレシートを撮影したり、

スキャナでパソコンに取り込んだりすることで、

ある程度入力を自動化することも可能になりました。

 

ですので、

事業に関する取引については、

クレジットカードや銀行などを

介して行うことをオススメします。

 

事業用として専用口座を

新たに作ってしまうのが

一番よいかと思います。

 

困ったときは

私は大学時代に会計学をかじったとは言え、

そのほとんどは忘却の彼方。。。

 

知識はほぼないに等しく、

そうなると仕訳の時に

色々困ることも出てくるわけです。

 

そんな時に強い味方に

なってくれるのがヘルプデスク。

 

FAQ もそれなりに充実しているのですが、

私が契約している「標準プラン」では、

無料チャットサポートを受けることができます。

 

チャットシステム(テキストでのやりとり)に

よってほぼリアルタイムに回答が得られますし、

その内容もとても的確なもので、大いに助けられています。

 

なお、このチャットサポートが受けられるのは、

通常、平日の 10:00 ~ 12:00、13:00 ~ 18:00 ですが、

確定申告期間(今年は 2 月 15 日 ~ 3 月 15 日)は

土日でも受けることができます。

 

質問数などに制限はありませんので、

分からないことは些細な事でも

バンバンたずねることができます。

 

また、メールによるサポートもあり、

この場合、「標準プラン」ですと

1 営業日で回答が得られます

(「無料プラン」は 3 営業日)。

 

導入費用は

最後に気になる導入費用について。

 

今回説明している標準プラン(個人事業主向け)は月額 980 円。

(法人向けプランもあります)。

 

ですが、一年分を一括で払うと 9,800 円に割引となり、

これを月額換算すると 820 円弱。一日にすると 30 円弱。

 

手間の軽減を考えますと

充分支払う価値のある

値段かと思います。

 

とりあえず、気になった方は

まず「無料プラン」で試してみて、

使えそうなら「標準プラン」へ

移行するのが良いでしょう。

 

お試しはこちらから。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ