まもなく日付が変わろうとしていますが、

本日 5 月 25 日は「食堂車の日」。

 

時代を遡ること 1899 年の今日、

山陽鉄道(以後国鉄を経て JR 西日本)の山陽本線で

食堂付きの一等車が営業開始しました。

「食堂車の日」はその日にちなんでいるんですね。

 

この列車が走ったのは京都から三田尻(今の防府)で、

山陽本線はまだ全通していなかったようです。

また、当初は調理が比較的容易であることから

洋食限定の提供であったようです。

 

その後、和食も提供されるようになり、

各地を走る様々な列車に連結されていきます。

 

私の物心が付いた 80 年代後半には、

まだ食堂車を連結した特急列車がたくさん走っていました。

いまでも覚えているのは、小学生の時に北海道への旅で乗った、

常磐線の特急「みちのく」の食堂車で食べたカレー

(「みちのく」は 1982 年の東北新幹線開業で廃止)。

青函連絡船で渡った先の道内特急でも、

食堂車をつないだ列車は沢山ありました。

 

そして、さらに印象が強いのは、

まだ昨年ということもあるでしょうが、

トワイライトエクスプレスの

食堂車「ダイナープレヤデス」。

DSC03054_R

夕食のコースは断念(高額ゆえ…)したのですが、

ランチとパブタイム、そして翌日の朝食を

食堂車で味わうことができ、最高の思い出になりました。

(当時の食堂車も模様も含めてトワイライトの乗車記をブログにまとめてあります)。

かつては急行列車にまで連結されていた食堂車。

 

現在、食堂車を連結しているのは、

「カシオペア」、「北斗星」、そして

特別運転の「トワイライトエクスレス」のみ

となってしまいました。

定期列車として営業している食堂車は

既に姿を消してしまいました。

 

最近、各地でレストラン列車が誕生していますが、

なんとなく食指が動かないのは私だけでしょうか。

短距離運転の列車では旅情が薄い気がしてなりません。

 

ということで、この貴重な経験ができるのは

今年度いっぱいになるかもしれません。

 

未経験の方はなくなるまえに是非

その感動を味わっていただきたいと思います。

 

したっけ。