米沢 14-15 滑走日誌 No.014

この三連休は山形遠征スキーツアー。

初日は米沢スキー場で滑ります。

天候は一日を通して雪。

 

ここは地元(米沢、福島市民)の方御用達の

ローカルゲレンデ。

なのでシーズン最高の人出が予想される今日も

割りと空いているという予測をたてて訪れました。

その結果、リフト待ちすらありませんでした。

 

今日は土曜日ということで、メインの駐車場は有料ですので、

北側にある駐車場にとめます。

こちらはいつでも駐車料金は無料。

 

そして、そこから上がるリフトに乗ると、

この栃平コースが楽しめます。

DSC06886_R

朝一だとこんな感じ

 

 

 

こちらは裏的なコースになっているため、

一日を通してお客さんは少なめです。

土曜日ですが朝の早い時間帯は寂しいくらいです。

 

ということで、コース幅を一杯に使って、

高速ターンを楽しみます。

斜度も適度でとても気持ちよく飛ばせました。

 

数本流した後メイン側?のゲレンデへ。

こちらは少し人は多め。

とはいえ、首都圏の主要なところに比べれば

その差は歴然。リフト、バーン共に余裕があります。

 

こちらには最大斜度32度でかっちり圧雪された

ダイナミックゲレンデがあり、

急斜面での練習に最適です。

 

小回りで油断すると見る見る落とされて行くのが

落とされていくのが分かります。。

DSC06892_R

しばらくここと中級の北の背コースをメインで滑り、

11 時頃、少し早めにランチタイム。

第一ロッジにて休憩です。

食事は前回ここで食べて感動した豚丼を味わう予定でしたが、

この日は残念ながら「売り切れ」…

ということで、次に気になった唐揚げとじ丼をオーダー。

 

揚げたての唐揚げを卵とじした丼です。

唐揚げはもちろんのこと、お供の味噌汁には

地元産のきのこが入っていてこれまた美味。

DSC06893_R

備え付けの辛味噌(にんにく入り)をのせると

この美味しさがさらにパワーアップします。

前回の感動をふたたび味わいました。

 

ランチの後はどんどん雪が強くなり、

どんどんパウダーが積もっていきます。

コースはじの人の少ないところでは、

リフトに乗るごとに新鮮なパウダーが味わえるほど。

 

結構気温が低かったので、

暖を取るための休憩を一回はさみ、

16 時過ぎまでがっつり滑りました。

 

やはりここはいいゲレンデです。

コブ斜面がなかったが少し残念ですが、

とても満足出来ました。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ