まだまだ希少 トヨタ カローラクロス実車チェック!

本日は上尾まで遠征(県内です)いたしまして、

話題の新型車を見てきました。

カローラクロス

埼玉県内のディーラーでは

まだ展示車の台数が少ないとあって

店内に飾られておりました。

グレード

ガソリンエンジン仕様の「Z」です。

なお、「カローラクロス」ガソリンエンジン仕様で

選べるのは 2WD(FF)のみ。

4WD が選べるのは

ハイブリッド(E-Four)のみとなります。

※ E-Four=後輪はモーター駆動。

外観

ぐるっと動画で撮影しました。

※パワーバックドアはバッテリーが

外されていたため開放状態となっています。

ちょうどよい大きさだと思います。

ただし、全幅は 1820mm あり、

同クラスの国産 SUV の中では大きめ。


この辺でちょっと気を使うかも。

また立体駐車場では NG となる可能性も。

内装

カローラテイストを感じさせつつも、

セダン、ツーリング系とは設えを変えて

差別化を図っています。

フロントシートはこんな感じ。

本革とファブリックのコンビ。

作りはしっかりしており、

質感良好、サポート感もまあまあ。

残念な点としては国内版で選べるのが

黒内装のみというところ。


若者向けということなのかもしれませんが、

ブラウンとかアイボリーの設定が

あると良かったかも。


パワーシートはジジジ……と

安っぽい音がしたヤリスクロスとは違い、

高級感ある作動音。

さらにランバーサポートも電動です。

メーターは不点灯でしたが、こんな感じ。

って言われてもイメージできませんよね。。。


後席は、

身長 175cm のワタシがゆったり目に

ドラポジをとると足元はちょっと窮屈。


座り心地は悪く有りません。

リクライニングは 1 段階。

エアコン吹出口、USB ポートもあり、

ドリンクホルダー付きアームレストも装備。

この辺は抜かり有りませんね。

後席照明もさりげなくLED

荷室

後部ラゲージスペースは

こんな感じ。

リヤシートを倒すためには手を伸ばして

背もたれ上部のレバーを操作する必要があります。

奥行きは十分ですが、

大きな段差が気になります。


この段差はディーラオプションの

「ラゲージアクティブボックス(28,050 円)」

により、フラットにすることができるそうです。

トランク下部にはメーカーオプションの

スペアタイヤ(2WD のみ設定)があり、

スペースは限定的。


また、トノカバーもディーラーオプションと

なってまして、この辺の評価は分かれるところ。

ワタシは標準装備しても良いと思います。

そつない作り

ということでまとめです。

展示車を見た限り、

程よくまとめているなぁという印象。

居住性・積載性も必要十分で

これは売れるだろうなと。

今、C-HR に乗っている人も、

こちらに流れてくる可能性も。


今回はナンバーがついていなかったので

試乗はできませんでした。


昨今の生産遅延によって、

まだまだディーラー展開も進んでいないようで、

私たちが試乗できるようになるには

まだ時間がかかりそうです。


したっけ。

One Response to “まだまだ希少 トヨタ カローラクロス実車チェック!”

  1. […] 昨日、新車をチェックしたディーラーから徒歩移動して訪れましたのは、 […]

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ