ワイドFMとはなんぞや?

最近、AM ラジオ(特に文化放送)を聞くことが多いんですが、

その CM 中に「ワイド FM」なる言葉が聞かれるようになりました。

なんでも、秋から冬にかけて FM でも聞けるようになるんだそうな。

 

その「ワイドFM」についてちょっと調べてみました。

正式には「FM補完方法」というそうで、

現行の AM 放送の電波とは別に、

FM 放送の周波数帯 90.1 ~ 94.9 MHz を使用して、

AM 波と同じ放送を流すんだそうです。

 

この帯域は地上波テレビがアナログからデジタルへ

移行された事によって空いた帯域との事。

では、なぜそんなことをするのかというと、

理由は 2 つあって、1 つ目は難聴対策。

これは主に都市で AM 放送が聞きにくい場所で

聞けるようにするというものらしいです。

 

そして 2 つ目は災害対策。

何らかの災害で現行 AM 局からの送信が困難に

なった場合の代替放送という位置づけです。

 

 

以上の観点から、送信する局も従来とは別の所からとなり、

以下に示す三社は東京スカイツリーから送信されるようになります。

 

どの周波数で聞けるのか?

については、代表的なものとして、

東京の民放ラジオ局三社の周波数を以下に挙げておきます。

放送局 周波数
TBS ラジオ 90.5
文化放送 91.6
ニッポン放送 93.6

 

対応のラジオ機器はこれからどんどん増えてくると思いますが、

過去のラジオでもテレビの 1 ~ 3 ch を聴けたものは、

そのまま放送を聞くことができるようです。

 

秋からは AM、radiko に加え、

新たな選択肢が増えることになります。

AM フリークとしては嬉しいニュースです。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ