昨日の大雪。
我が三郷市でも 5cm ほどの積雪。
雪国の方々からみればたかが 5cm、
(ワタシもどっちかって言うとそっちの
人間ですが)
されど雪なし地域からすると
大混乱をもたらすのに十分な量です。

事故・けが人多発

本日は、予想通り、
ノーマルタイヤのクルマが立ち往生、
スリップ事故、自転車、歩行者の
転倒による怪我などニュースが。

中には転倒した自転車を避けようとして
路線バスが住宅に衝突という事故も
あったそうで、昨日のワタシの
記事を実行していただければ
防げた事象がほとんどですね。

トレッキングシューズ出勤

閑話休題。

本日、ワタシは通常業務。
残念ながら外出自粛というわけにも
いきません。

路面凍結により自転車通勤は困難、
公共交通機関の遅延の可能性も
考えて、自宅から、

トレッキングシューズを履いて
徒歩出勤することに。
本来ならゴム長靴を履くはずが、
相方様のクルマに積みっぱなし。
なので、緊急回避策として。

昨年は山登りをしていませんので
久しぶりにご登場願った次第です。

ちなみに、このシューズ、
テクニカのアコンカグア GTX という
日本専用モデルで、ネット上での扱いは
ヨドバシカメラのみとなっている模様。

※以下の虫めがねアイコンをクリックすると
 ヨドバシでの取り扱いアイテムが表示されます。

快適!

今朝、自宅近所の歩道はこんな感じで
しっかり凍結。
こんな状況ではやはり滑ります。
さすがにアイゼンを出すまでは
至りませんでしたが。

※以前、白馬の大雪渓を攻略するため
 軽アイゼンを導入済み。
 使ったのはこの一回きりですが……

まず、職場まで 30 分超歩いた感想。
「あったかい」
これは思わぬメリット。

靴下はヒートテック。
いつも履いているスニーカーとは
段違いに暖かく快適でした。

また靴は防水性を備えていますので、
積雪はものともしません。
また、洗車時も足が冷たく
なることは全くありませんでした。

昨日は夏と同じスニーカーを
履いていましたので靴下まで濡れて
しまい、それはとても大変な状況でした。

クルマの運転は

その一方で、もう一つの主要業務である
レンタカーの回送(運転)業務では、
厚底で硬めのトレッキングシューズは
不向きであることに気が付きました。

ただ、全く使い物にならないかと
言われればそうではなく、
慣れればこなせるレベルです。

レンタカー業務用靴購入?

これに味をしめましたので、
業務用にもう少しライトな靴を
購入してみようかなと思ったりしています。

ただ、間もなく山ごもりの予定なので
実行に移すのは下山後になりそうです。

したっけ。